忠清道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
忠清道
各種表記
ハングル 충청도
漢字 忠淸道
発音 チュンチョンド
日本語読み: ちゅうせいどう
ローマ字 Chungcheong Province
テンプレートを表示
忠清道

忠清道(チュンチョンド、ちゅうせいどう)は、李氏朝鮮の行政区画(朝鮮八道)の一つ。別名湖西(ホソ/호서)という。

現在の韓国忠清北道忠清南道一帯の地域にあたる。

概要[編集]

北を京畿道に、東を江原道慶尚道に、南を全羅道に接する。西は、黄海(朝鮮名:西海(ソヘ))に面している。古くは百済に属す地で、忠清道の人は一般的に穏和と言われている。

この地域の都市、忠州清州の地名を取って忠清道と名付けられており、統一新羅時代に中原と西原の小京が設置された地でもある。道の中心は忠州に置かれた。

高麗時代の楊広道であり、995年忠原道として設置された。1105年楊広忠清州道と改称され、1171年楊広と忠清の二道に分割されたが、1314年再び、楊広忠清州道に戻し、楊広道と改称した。

太祖4年(洪武28年、1395年)楊広道から忠清道に改称し、忠清道から楊州(現 : 京畿道楊州郡)、広州(現 : 京畿道広州市)を京畿道に編入させた。また太宗13年(永楽11年、1413年)には、忠清道から京畿道に驪興、安城、陰竹、陽城、陽智を編入させ、慶尚道から忠清道に沃川・黄澗・永同・青山を編入させ、現在に近い形になる。

1896年8月4日の高宗の勅令で、忠清北道と忠清南道に分割された。

錦山郡はこの時に全羅北道に編入されたが、1963年に忠清南道に変更されている。

経国大典』による道内地方区分[編集]

牧(長官:牧使)[編集]

  • 忠州牧、清州牧、公州牧、洪州牧

郡(長官:郡守)[編集]

  • 林川郡、丹陽郡、清風郡、泰安郡、韓山郡、舒川郡、沔川郡、天安郡、瑞山郡、槐山郡、沃川郡、温陽郡

県(長官:県令)[編集]

  • 文義県

県(長官:県監)[編集]

  • 鴻山県、堤川県、徳山県、平澤県、稷山県、懐仁県、定山県、青陽県、延豊県、陰城県、清安県、恩津県、懐徳県、鎮岑県、連山県、尼山県、大興県、扶余県、石城県、庇仁県、藍浦県、鎮川県、結城県、保寧県、海美県、唐津県、新昌県、礼山県、木川県、全義県、燕岐県、永春県、報恩県、永同県、黄澗県、青山県、牙山県

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

前の行政区画
高麗 楊広道)
忠清南道忠清北道
歴史的行政区画
- 1895年
次の行政区画
二十三府制十三道制を挟んで)
忠清北道 (日本統治時代)
忠清南道 (日本統治時代)