火縄銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
種子島火縄銃(愛知万博ポルトガル館展示物)
火縄銃(姫路城天守閣蔵)

火縄銃(ひなわじゅう、英語:matchlock gun / arquebus)は、初期の鉄砲の形態のひとつ。黒色火薬を使用し、前装式滑腔銃身マスケット銃である。

火縄銃は、15世紀前半にヨーロッパで発明され、特にドイツにおいて発展した[1][2]。最古の記録は1411年オーストリア写本Codex Vindobana 3069にZ字型のサーペンタインロック式が見られる[3] 。また1430年代に描かれたサーペンタインの金具の図が残っている[4]マッチロック式銃と分類されるこれらの小火器の発射構造は、バネ仕掛けに火縄を挟んで保持しておき、発射時には火縄に火をつけ、引き金を引いてバネ仕掛けを作動させ、発射薬に点火するものであった。

具体的には、引き金を引くと火をつけた火縄が、あらかじめ黒色火薬を盛りつけておいた火皿と呼ばれる部品を叩く。火は火皿の口薬(くちぐすり)と呼ばれる微粉末黒色火薬に引火する。火皿内部に切られた導火孔の中の口薬は燃焼を続けて薬室内部へ到達すると思われているが、実際は、導火孔に火薬が詰まった状態にある場合、引火がゆっくりと進み引金をひいてからの時間差が生じて遅発となってしまって命中しないため、導火孔は空洞に保つようにして、火花を通し易くしておく。薬室内部には(胴薬)(どうぐすり)または玉薬(たまぐすり)と呼ばれる装薬があらかじめ充填されており、火が伝わるとそこで一気に燃焼(爆燃)、込められた弾丸を射出する仕組みになっていた。方式としては瞬発式火縄銃緩発式火縄銃とがある。

現代の日本では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)の規制対象となっており、骨董品として所有するにしても登録が必要である。

概説[編集]

それ以前の銃器は、火種(火縄など)を手で押し付ける方式(タッチホール式)であった(の「突火槍」、の「火竜槍」、モンゴル帝国及びモンゴルに支配された現ロシア中近東の「マドファ」など)ことから、扱いが難しく命中精度も低かった。この欠点を補うため、ドイツで火縄をS字型金具(サーペンタイン)ではさんで操作するサーペンタインロック式が考案され、さらに銃床など構造面の整備が進み火縄銃が完成した。最初期の火縄銃はそれまでのタッチホール式の筒に単純なS字型金具をつけただけの原始的なものであった。しかし15世紀半ばにはシア・ロック式(sear lock)とスナッピング式が発明され、ヨーロッパではシア・ロック式が主流になり、日本にはスナッピング式が伝わりさらに独自に改良された。火縄銃の最古の分解図(1475年)はシア・ロック式である[4]。 火縄銃の呼称ハックバス(独)アーキバス(英)アルケブス(西)は、はじめタッチホール式に反動を吸収するフックをつけたものを指したが後に火縄銃の意味になる、またマスケットという呼称は初出の1499年[5]には重量級の火縄銃を指したが後にありとあらゆる銃に使われる呼称になった。日本では1543年天文12年)に種子島鉄砲伝来したことから、種子島銃あるいは単に種子島と呼ばれた[6][7]

マッチロック式は命中精度と射程距離の向上など銃の性能を大きく向上させた。その一方で、火種・火縄を常に持ち歩く携帯性の悪さ、夜戦で敵にこちらの位置を教えることになる、構造上時間のかかる先込め式しか利用できない、雨天に弱い等、改善すべき点はまだ多かった。ヨーロッパではこれらを緩和し命中精度と操作性を悪化させた、回転する鋼輪(ホイール)に黄鉄鉱片を擦り付けて着火する方式(ホイールロック式)や、燧石火打ち石:フリント)を鉄片にぶつけて着火する方式(フリントロック式)が開発された。

博物館の中の火縄銃と、現代のライフルなどを比較すると、グリップ付近の形状が大きく異なる。そのため、現代のいわゆるライフル銃のように台尻を肩に当てて、脇を締めて発射することはできず、を番えるように肘を外に張って射撃するスタイルで使用されていた(但しヨーロッパの火縄銃は、クロスボウの影響を受けた肩当ストック型のものの方が多く短床型の方が少数派)。

火縄銃の威力[編集]

火縄銃は「黒色火薬を使用し」「ライフリングのない滑腔銃身で」「鉛製の丸玉を撃つ」ことから、一般的には現代の小銃に比べて威力も性能も劣ると認識されがちである。しかしながら、この条件において現代の小銃よりも不利になるのは、長距離での弾道特性、命中率である。滑腔銃身で、しかも弾丸の鉛部分を硬い金属で覆っていない場合(いわゆるソフトポイント弾)は、むしろ威力については増す。さらに現代の小銃や散弾銃と比べると口径が大きいため、弾丸自体がかなり重い。 弾丸の初速は480m/s程度あり、拳銃よりははるかに速い。したがって、火縄銃は小銃に比べれば弾丸の直進安定性こそ劣るものの、近距離での破壊力は現代の散弾銃のスラッグ弾射撃にならぶ、あるいはこれを超えるかなり強力かつ危険なものである。

上記の様なある種の誤った認識が広まった一因としては、幕末期に施条式洋式銃を装備した洋式軍隊(幕府が編成した仏式伝習隊・幕府歩兵隊や、後に新政府軍の主力となった雄藩諸隊)の前に、火縄銃を主力火器とした敵対勢力(第二次征長戦争時の幕府軍、宇都宮戦争時の新政府軍)がもろくも敗れ去り、兵制の洋式化が進んだことが民衆に強く印象づけられた経緯が影響している。更に、泰平の世となり実戦で具足が使われる機会が無くなった江戸時代に具足職人が自らがこしらえた具足の優秀さをアピールする為に「試し胴」と称して自ら火縄銃で具足を撃つデモンストレーションが各地で催され、「火縄銃の銃弾を受けても貫通しなかった具足」が各地に文化財として遺されている事情などが大きいと言われる。

しかし、正規の薬量・弾頭重量の火縄銃で戦国期当時の一般的な足軽向けの具足を射撃した報告[8]によると、厚い鋼板を用いた胴体正面部分であっても直撃を受ければいとも簡単に撃ち抜かれてしまい、硬い鋼板に当たることで分裂した鉛弾が胴体内にバラバラに飛散して背中側の鋼板も貫いていることから、「たとえ完全装備の具足をまとっていたとしても、火縄銃がまともに胴体に命中すれば撃たれた兵はまず助からないであろう」と結論づけている。上述の「試し胴」については装填の際に弾丸の重量や火薬量を任意に調整できた[9]ことから、デモンストレーションのためあえて威力を減じたと考えられる。また、具足を木の枝などにつり下げた状態で撃ったために、銃弾を受け流す格好になったと考えられる。もっとも、撃たれた距離や角度次第では、銃弾を受け止め貫通しなかった場合はあり得た。成瀬吉正所用の南蛮胴のように、実戦での弾痕を残した鎧が現存している。

ヨーロッパ製の甲冑は厚さを増して銃弾を防いだものも存在するが、それと引換に重量が増したため全身の防御をあきらめ、胸甲として胸部のみの防御に留めている。

日本での火縄銃史[編集]

火縄銃/尼信博物館所蔵

鉄砲と戦国時代[編集]

従来、『鉄炮記』の記述により日本への鉄砲伝来は1543年(天文12年)の種子島より始まるとされてきた。しかし、近年では、東南アジアに広まっていた火器が1543年(天文12年)以前に倭寇勢力により日本の複数の地域に持ち込まれ、伝来当初は猟銃として用いられていたとする説がある(宇田川説)。他方欧米には欧州の瞬発式火縄銃が日本に伝えられて改良発展したものが、逆に東南アジアに伝えられ、それらが手本となって日本式の機構が東南アジアに広まったものとする説もある(ニッケル説、ブレーヤ説)[要出典]。何れにせよ複雑な発射機構の無い鉄砲自体は遅くとも16世紀初頭に伝わっていた事が文献に残っている、関連して火薬が15世紀後半の日本で生産されており朝鮮との交易の際に輸出品となっていたことが文献から窺える。

戦国時代以降、日本では近江国友、同じく日野紀州根来和泉などが鉄砲の主要生産地として栄え、多くの鉄砲鍛冶が軒を連ねた。根来のみは織田信長豊臣秀吉による紀州攻めの影響で桃山期以降衰退したが、国友・日野・堺はその後も鉄砲の生産地として栄え、高い技術力を誇った。

戦国時代末期には日本は50万丁以上を所持していたともいわれ、当時世界最大の銃保有国となる[10][11]

文禄・慶長の役では日本軍はその銃装備で明軍を手こずらせ、のち趙士禎が『神器譜』(1598年(慶長3年)から1603年(慶長8年)以降にかけて成立)を執筆する[12]

また、築城技術でも火縄銃の性能を活かした横矢掛かり(これ自体はすでに存在していた)などが発達し、赤穂城などに応用された。

江戸期以降[編集]

大阪堺の鉄砲鍛冶の様子

日本の銃器が伝来から幕末までの永きに渡り火縄銃の構造から進歩しなかった理由には以下があげられる。

まず江戸時代に入り、徳川綱吉によって諸国鉄砲改めによる百姓の狩猟及び銃の原則所持禁止、銃器の移動制限がなされた[13][14][15]ことや、鎖国の影響による技術進歩の停滞という通説が存在する。

しかしながら、外国で発達したフリントロック式の技術は、当時の鉄砲鍛冶に受け入れられたのは事実であり、試作品も現存し、また応用技術としてその機構を流用したライターも製造されている。また、各大名諸藩で極秘裏に様々な銃器が研究されていたことも事実であり、そのバリエーションは多岐にわたる。

フリントロック式が日本では流行しなかったのは、日本では良質の燧石が産出せず[要出典]大量生産ができなかったこと。フリントロック式は機構の不具合による不発率が火縄式よりも高かったこと。平穏な時代が長く続いたため、天候に影響されにくいことや、密集射撃が可能であることなどのフリントロック式の長所が理解、あるいは必要とされなかったことが理由として挙げられる。ほか、すべての武術と同じく鉄炮術も一種の競技的な要素を含んで流派形式で継承されたため、その結果必然的に器具類の改変は避けられた、という要素も大きい。フリントロック式の欠点として、火縄式に比べ強力なバネが装着されており、撃鉄作動時の衝撃が大きく、引金を引いてから一瞬遅れて装薬に着火する機構のため銃身がぶれ、命中率が悪く火縄銃よりも命中率が劣ることが挙げられる。当然ながら実戦よりも競技となった鉄炮術においては、この欠点は大きな問題となる。そのため江戸自体を通してほとんどの銃器が火縄式のままであった。

一方で火縄銃は、鳥獣被害対策のための実用の農具として、農村に普及し[16]、売買され、所有されていた[17][18]。もちろん、一揆への警戒などの理由から、農民の農具としての火縄銃のさらなる性能向上は、全く考えられなかった。

幕末期には新式銃が渡来したが、諸藩ではこの時期、海外事情も考慮してパーカッション式の銃器などを模造、試作した。皿を3つ付けたものや、ペッパーボックスピストルのように複数の銃身を持ち、回転しながら次々に着火させるものなどが作られた。ほか、三連発の火縄銃や水平二連式短銃など、様々なものが試製されていた。これらは実用の可能性があるか疑わしいものが多く、結局は新式銃が輸入され、広く普及した。しかしながら、火縄銃の打ち金を雷管式のハンマーに変換し滑空式雷管銃に改造した新発銃の製造も、改造の容易さから盛んに行われ、ゲベール銃と同じ二戦級の銃器として扱われた。

明治維新以降は洋式銃や村田銃等の新式銃におされ、国友を初めとする伝統的な火縄銃職人集団共々、日本から火縄銃は急速に廃れていった。しかし、マタギなどの民間の狩猟家の間では、依然中古品の火縄銃に大きな需要があり、火縄銃職人の一部も大正から昭和初期ごろまで細々と火縄銃の製造を続けていたとされる。これらは昭和初期に軍払い下げ(若しくは民間メーカーのライセンス生産品)の村田銃が普及すると姿を消した。

なお、太平洋戦争最末期に、旧日本軍が本土防衛師団へ配備するため、簡素な町工場でも大量生産が可能な「国民簡易小銃」として火縄銃の量産配備を検討し、実際に開発を行っていたという記録が試作品の僅かな写真と共に残されている。

日本における運用方法[編集]

稲富流砲術秘伝書/大阪城天守閣所蔵

射法[編集]

基本的な方法は

  1. 火縄に着火しておく。複数の着火した火縄を準備することが多い。また、火縄の両端に火をつけ、それを二つ折りにして火口を左手の指に挟み持って待機する「二口火(ふたくちび)」という方法もある。
  2. 銃口へ発射薬である胴薬と弾丸を装填する(後に早合が発明されると装填の手間は大幅に軽減された)。火薬と弾丸は槊杖(カルカともいう)で銃身の奥へ押し固める。
  3. 火皿に点火薬である口薬を入れ、火蓋を閉じ、火の点いた火縄先を火挟(ひばさみ)に挟む。この口薬の容器は長さ5 - 8cmの水筒型が定番であり、火薬を注いだ後、手を放すと自然に腰にぶら下がり、キャップが注ぎ口に被さる仕組みになっている。これを腰にぶら下げるのが典型的な銃兵のスタイルである。
  4. 目標を見定め火蓋を切る(パンカバーを開ける)
  5. 構えて狙いを付ける。標的の体に当る可能性を高める為に胴体の中心を狙う。距離は標的の目の白黒が見える位、とされた。
  6. 引き金を引き発射。
  7. 再装填。熟練兵士なら一分間に四発発射できたという(昭和末期の実験では18秒程度)。

なお、日本における火縄銃が頬付け形に終始し、肩付け形の銃床にならなかった理由には、戦国期においては戦闘に従事する兵士が、足軽から大将まで大なり小なり鎧を装着しており、物理的に銃床を肩に効率的にあてがう事ができないという銃床射撃に適さない装備であり、鉄砲狭間からの射掛けにおいて邪魔であるという用兵上の事情や、泰平期においては流儀による形態・射法の継承による硬直化等が指摘されているが、従来からあった弓矢の番え方(和弓特有の引いた弦を頬に付ける方式)をそのまま火縄銃に応用した結果、頬付け型になったという見方もあり、そのことがいち早く日本国内での火縄銃の普及に繋がった向きも充分考えられる。世界的に見ても、日本のように重装な甲冑を装備する兵士が、銃器を恒常的に使用する用兵を用いる国も珍しく、これらの理由から、頬付け型の長銃を長期に主力装備として使用した日本の火縄銃のデザインは、世界的に見ても極めて珍しい意匠となっている。

発射速度[編集]

江戸期の胴乱。内部に弾丸、火薬を収納した

火縄銃の次弾発砲までには以下の行程が必要となる。「銃身内の火薬残滓を洗い矢で拭う」(数発撃つと銃腔にカーボンがこびり付き、弾が入らなくなるため、槊杖の先に水に湿らせた布を付けて拭う)「火穴にせせり(弄り・ヴェントピック)を通す」「銃身を冷やす」(但し、1分間に1発程度のペースで発砲するのであればこの必要は全くない)などである。一般には次弾装填の際に行うべき事は多いとみなされている。

実際にはこの作業を1発ごとに行う必要はなく、数発に一度行えばよい。関流砲術では、7発位撃つと弾が入り難くなると伝えている。また、「劣り玉」と呼ばれる、適合弾より若干径が小さい弾を使用すれば、目標への集弾性は低下するものの、10発以上の連続発射が可能である。(江戸時代の射的で一般的な、射距離15(約27m)では劣り玉でも命中率はほとんど変わらない。ただし30間(約55m)を超えると集弾率の低下が見られる)また銃腔内や火皿の清掃は頻繁に行う必要はなく、弾が込め難い等の異常を感じたら行えば済む。その方法も、黒色火薬が水に溶けやすい特性から、洗矢の先に水で湿らせた布切れを付けたものを銃口から差込み1 - 2往復させれば完了する。昭和末期の実験では、熟練した者が操作した場合、第1弾発砲から18 - 20秒後に次弾発射が可能であった。とはいえ、現代の銃に比して先込め銃は単体では連射に向かないものであることは上記のプロセスなどからも容易にうかがえる。

この「次弾発射までに時間がかかる」という先込め式最大の問題点を改善するため、火縄銃が用いられた戦国時代の日本では、「早合」(はやごう。装填を簡便にするための弾薬包で、弾と火薬をセットにして紙で包んだもの[19])「複数人でチームを組む」「銃身を複数設置する」など、様々な(時には奇天烈な)発想がなされている。

歴史群像編集部および日本前装銃射撃連盟会長小野尾正治らによって2005年頃に行われた発射速度を測定する実験では、初弾が既に装填された状態から開始した時、初弾射撃直後から計測を開始し一人で初弾および5発、計6発を射撃し終わるのに要した時間は100秒(1発あたり約20秒)だったが[20]、早合を用いた場合はそれが44秒にまで短縮された(ただし早合の実験は弾丸を含めなかったため不発が多く、必ずしも正確ではないようだ)[20]。また3人が各々の火縄銃を持ち合計3丁を交替に発射するかたちの三段撃ちでは33秒、3人に2丁を用意し射手が射撃を行っている間に後方で二人がかりで装填を行うという手法では39秒という結果が得られ[20]、チームを組むことや早合の利用すれば戦力が向上するとされた。

威力[編集]

歴史群像編集部および日本前装銃射撃連盟会長小野尾正治らによって2005年頃に行われた実験では、口径9mm、火薬量3グラムの火縄銃は距離50mで厚さ48mmのの合板に約36mm食い込み背面に亀裂を生じしめ[21]、また厚さ1mmの鉄板を貫通した[21]。鉄板を2枚重ねにして2mmにしたものについては貫通こそしなかったものの内部に鉄板がめくれ返っており、足軽の胴丸に命中した時には深刻な被害を与えたのではないかとしている[21]。なお、距離30mではいずれの標的も貫通している[21]

また火縄銃に対する盾としてよく用いられた青竹による竹束については、直径4cm・長さ1m程度のものを31本束ね直径77cm、重量14.3kgとしたものに対して射撃実験を行っている[21]。距離28.8mで10匁玉(直径18.4mm)を撃った時には青竹を6本貫通し、竹束そのものも貫通する威力を見せた[21]。6匁玉(直径15.5mm)の場合は青竹4本の貫通で収まり竹束全体は貫通しなかったものの、当たり所が悪ければ全て貫通する場合もあるという結果が得られた[21]

なお、同書では火縄銃の有効射程は200m程度としており[21]、命中精度に関する実験も行われている。ヒトを模した身長160cmの静止した的に対して、30mで全て5発全てが胸部に着弾、50mでも5発中4発が着弾するという好成績を収めている[22]

兵士の配置[編集]

大坂冬の陣図屏風(攻城戦鉄砲隊部分の拡大図)
一列に並んで射撃姿勢をとる足軽

火縄銃は、戦国時代中期以降、足軽の主要武器の一つとしてその比重を増していった。日本の戦国時代から江戸時代においてはひとつに対し、鉄砲組(20 - 50名)を1、2組配しているのが基本である。戦闘開始時や、勢いに乗り突進してくる敵兵に対し一斉射撃を浴びせ進撃を止まらせるときなどに使用された。兵士同士が密集したか否かについては議論がある。火の粉が飛び散る中で火薬を使用するので暴発しかねず、相互に安全な距離を取ったという見解がある。

  • 二段撃ち:2列横隊に並び、前列が片膝をつき、後列が直立して射撃する。佐々成政が考案したという記録が残っているが、実際に採用されていたのか、上記の議論上問題がある。
  • 三段撃ち:長篠の戦いで織田軍が採用したという著名な配置。雑賀衆が遅くとも1568年永禄11年)あたりまでにはすでに実戦で用いていたという説もある。この三段撃ちについても大議論がある。中国末の崇禎11年(1638年)刊行の畢懋康『軍器図説』に収められた「輪流放銃図・輪流進銃図・輪流装銃図」には15人の人物が5人3列に並び、三段撃ちをしている図が描かれている。16世紀までの明の軍学書に同様の記載が見られないことから、文禄・慶長の役で日本軍と戦った明軍が日本の火縄銃を大量に鹵獲するとともに投降した日本人(降倭)から運用法を学び、楊応龍の乱平定などの実戦機会を経て、三段撃ち等の日本式火器使用法を取り入れていったのではないかとの見方もある[23]
  • 繰り出し:三段撃ちの要領で、さらに銃列を前進させる戦術。薩摩島津氏が用いて、関ヶ原の戦いで中央突破に成功している。

1人の射撃手に数丁の火縄銃と数人の助手が付き、射撃手が射撃している間に助手が火縄銃の装填を行う方法があり、これにより素早い連射が可能である。これは鉄砲傭兵集団としてその名を知られた雑賀衆、根来衆の得意とする戦術であった。石山合戦本願寺側に付いた彼らは、織田勢を大いに苦しめた。

この射撃手・助手を分業する射撃運用法を烏渡しの法と上杉流軍学では称したと伝えられ、また後世紀州徳川家においては薬込役という、御庭番の前身である職名にその痕跡を残している。

歴史[編集]

前史

火薬代(618年 - 907年)の中国で発明された。当時書かれた「真元妙道要路」には硝石硫黄・炭を混ぜると燃焼爆発を起こしやすいことが記述されており、既にこの頃には黒色火薬が発明されていた可能性がある。

1250年代、モンゴル帝国がイラン侵攻した際、中国人技術者が操作する投石機で、火薬弾が投げられている[24]1280年には、地中海東部のマルクス・グラエクスとシリアのハッサン・アッ・ラムマが中国の火器、火槍について記述している[24]

また、イスラム文明圏のシリア、マムルーク朝でも火薬情報は豊富であった[24]

1288年当時の青銅製の銃身が発掘されたことで、モンゴル支配下の中国が火槍から銃へ装備を変えたことが明らかになり、さらにこれまで銃は西欧発明と考えられてきたが、銃はモンゴル帝国を通じてヨーロッパへ伝わったとされる[24]1326年スウェーデンにおける壷型の銃も発見されているが、これはモンゴル帝国に支配されていた南ロシアから伝わった銃が変形したものと考えられている。同1326年にはフィレンツェで大砲が開発され、以後、ヨーロッパでは大砲が発達する。イベリア半島では1330年代までには銃だけでなく大砲も使用されていた[24]

火縄銃の登場による陣形の変遷[編集]

ドイツ南部諸都市において火縄銃が発達した理由は、小規模な自治都市にとって安価で城の防御には小型の火縄銃が適していたからである。また初期においては火縄銃の点火には時間がかかり危険性も高く野戦には不向きであった。[25]最初に大々的に使用したのはハンガリー王マティアス・コルヴィヌスである。[26]イタリア戦争においてスペインは、長槍(パイク)の密集方陣の進撃に際し、四周に随伴した銃兵が相手方の方陣と至近距離まで接近し、接触寸前になった時点で発砲して第一次打撃を期待する運用法を定めた。これはテルシオと呼ばれた。この戦術は銃剣の発明以前のものであり、発砲を終えた銃兵は有効な戦力とならず、退避行動を取ったとされる。実際の戦闘はパイク兵が主体であった。射撃手の前後交替の発想が見られるものとしては、騎兵カラコール戦術が対テルシオ戦法として用いられたことが挙げられる。これは概ね1530年代頃からである。

1440年代にはイェニチェリハンガリーからマッチロック式を導入したともされるが、[27]、正規に用いられるようになるのは16世紀以降である。[28]オスマン帝国では野戦隊形における集中射撃法が実用化された。

火縄銃の再装填には時間と防御上の弱点が生じた。これを解決する手段として、縦列で行進する銃兵の最前者が発砲し、発砲後直ちに最後尾に駆け戻って装填作業をしながら行進を続行するという方式が考え出された。また、マウリッツは個別の兵種がそれぞれ独自に機能を発揮するのではなく、歩騎砲の三兵が連動して機動戦術を採ることを発案した。彼はこれをアイデアにとどめず可能とした軍事家として評価されている。ただし、この縦列交替法が大きな効果を発揮した記録はなく、またこの運動方式には鈍重さが宿命的に付きまとったため、マウリッツ自身の戦死の原因をそこに求める考え方もある。

実際に前後交替射撃法が実用化されるのは燧石式に移行してからであり、燧石式の機能改善もそれに相当の貢献をしたと考えられる。また銃剣の登場もこれに大きく寄与していると考えられるが、同時にこの時代は大砲の運用が飛躍的に改良されており、銃兵の交替射撃のみが戦線の状況を変革させたと論じるのは未だ大きな検討を要するであろう。これらは概ね17世紀末から18世紀初頭の現象である。

障害物に拠る火縄銃の運用[編集]

火縄銃の一斉射撃を行う足軽部隊。身を守るために、を用いている。

火縄銃は装填その他に伴う初期銃の弱点が存在する。これを補うため、障壁、城壁、障害物あるいは特殊な地形等によって防御された場所から、機動してくる野戦軍を射撃しようという試みは早くから行われた。

西欧の戦いにおいて著名な例は、1503年第一次イタリア戦役中、スペイン軍人ゴンサロ・フェルナンデス・デ・コルドバが行った戦法であった。これは急造の堀とその残土を利用した土手に、二千名と推定されるアルケブス銃兵を配置し、銃火によって押し寄せたフランス重騎兵団を粉砕したものである。この戦闘はスペインの覇権確立の重要な要因となった。この戦いに続く1522年第二次イタリア戦役においても、同じくスペイン軍の傭兵隊長コロンナがミラノ郊外ビコッカにおいて、地形と急造塁壁を利用したアルケブスの反復射撃戦法で、押し寄せたスイス槍兵集団を粉砕した。

火縄銃の名称[編集]

一般に(アルケブス)もしくは同音のなまったものがよく知られている。燧石式銃については(スナップハンス)(ミュクレット)(フリントロック)などの名称が知られ形式上の分別とされているが、その発祥は火縄銃同様明確な記録はない。

  1. (アルケビュス)については一つの説として、さらに初期の手砲の一形式に棒の先につけた金属筒に鉤状の突起を設け、発射時は鉤を委託物に引っかけ棒を地上に押さえ付けて発射した形式があり、これをドイツ語系で(ハーケン・ビュクセ=鉤付筒)と呼んだのが語源で、フランス語系で類似した(アーケン・ビュッス→アルケブス)と発音が訛化したのであろうという説がある。
  2. さらに別の説にフランス語系の(アルク・ビュッス=筒形弓)を起源とする説もある。

恐らくは両方が混在しつつ、俗称通称化したものであろう。

中国における火縄銃[編集]

明朝における銃兵による陣形

中国へは、朝時代の16世紀頃に火縄銃が伝来したと考えられており、南方経由で伝来したと考えられる緩発式・瞬発式のもの(頬付けの短床形)と、西域経由で伝来したオスマントルコ系の緩発式のもの(肩付け形の銃床を有する)の二つの系統があることが知られている[29]。総称的に鳥銃あるいは鳥槍と呼ばれ、後者のオスマントルコ系の銃は特に露密銃と呼ばれた[29]。明朝時代、倭寇との戦闘などを通じて有効性が認められ、軍の装備に採り入れられることとなり、続く朝においても八旗緑営の装備として引き続き採用されている[29]

清代には、大砲を補完する装備として抬槍(たいそう)と呼ばれる大型の火縄銃も採用された。口径・銃身長のいずれも通常の火縄銃より拡大したもので、全長約3m、重量約12-18kgとされ、射撃の際は銃身を三脚架または射手以外の兵士の肩に依託して使用された[29]。兵士2名程度で担いで移動することができる。大砲の移動が困難な山間部や水郷地帯での使用のために開発されたもので、後年の清仏戦争日清戦争期の頃まで使用された[29]。日本の狭間筒(後述)とも類似性のある銃器である。

日本における分類[編集]

日本における火縄銃の分類として、弾丸重量によるものと製作地・流派によるものの二つに大別される。火縄銃の弾丸は鉛の球弾であり、鉛の重さが決まればその玉の直径は常に同じとなることから、弾丸の重さによって口径を示す方法が広く用いられていた。

弾丸重量・銃身長による分類[編集]

重量 口径(mm)
2匁半 11.79
6匁 15.79
13匁 20.48
20匁 23.58
30匁 26.99
50匁 33.04
小筒
弾丸重量が二匁半程度のものを指す。威力は低いが安価で反動が少ない為、猟銃や動員兵への支給銃として用いられた。また、鉄砲による戦闘に不慣れな明・朝鮮の兵の防具は、鉄砲に対する防御力が弱く、小筒でも十分な威力を持っていた為、朝鮮の役では大量に用いられた(『図説・日本武器集成』『鉄炮伝来』)。
中筒
弾丸重量が六匁程度のものを指す。小筒に比べて威力が増大するが、扱いが難しい上に高価なので、臨時雇いでなく継続して主人に仕える足軽が用いる銃とされた。当世具足竹束などの火縄銃に対応した防御装備が広まった結果、小筒に替わり主に用いられる様になった(『図説・日本武器集成』)。
士筒(さむらいづつ)
弾丸重量が十匁程度のものを指す。威力は絶大だが非常に高価で、さらに銃身が長く重量も重く、発射時は大きな反動があるなど扱いが難しい為、十分な鍛錬と財力を持つ侍のみが用いることができた。彼らはこの侍筒を武家奉公人に持たせ、必要に応じて用いた(『図説・日本武器集成』『雑兵物語』)。
馬上筒
馬上筒
騎兵銃として用いられた。後世の騎兵銃と比べ銃身がより短く、拳銃に近い(実際、ヨーロッパの胸甲騎兵が用いた拳銃と、同程度のサイズである)。火縄銃は後世の銃よりも重量があったため、馬上で用いるには著しく小型化する必要があった。また、ライフリングが施されていない火縄銃は元より命中率が高くないため、ここまで短くしても命中率への影響は大きく無かったからである。両手で扱う。
短筒
短筒
火縄銃版の拳銃。片手で扱うために馬上筒よりもさらに銃身を短くしている。馬上筒と同じく、騎兵銃として用いられた。火縄に常に火を点す必要上、懐に隠すのは困難であり、後世の拳銃のような護身用、携帯用としての使用は困難であったと考えられる。
大鉄砲
二十匁以上の弾丸重量を有するものでは、百匁クラスのものも存在する。こうした火器は、通常の弾丸の他に焙烙火矢などを射出し、攻城戦海戦で構造物を破壊する為に用いられた。大鉄砲は大筒石火矢との定義が明確に区別されていないため、しばしば三者が用語上混用される。傾向としては抱え大筒とも言われ、銃床とカラクリを用いた火縄銃の体裁を持つものを指すことが多い。射撃する場合、差火点火式・地上設置型である通常の大筒と異なり、反動は強烈であり、射手は射撃時に自ら転がることで反動を吸収する程であった。そのため命中の確実を期す場合は、地面に据えて擲弾筒のように撃ったり、射台に据えて用いた。
狭間筒
通常の筒に比べ、弾丸重量のわりに銃身が長いものを指す。城や船舶の鉄砲狭間(銃眼)に依託して射撃する用途の筒。有効射程は2-300mに及ぶとされる。[30]

製作地・流派による分類[編集]

主な違いとして、銃身の外形(丸、角筒)、肉厚、長さ、銃床の形状、カラクリ(内外カラクリ)、目当などがあげられる。以下に記するもの以外にも多数あり。

  • 国友筒
  • 堺筒
  • 日野筒
  • 備前筒
  • 土佐筒
  • 薩摩筒
  • 仙台筒

など、上記は製作地名を冠したもの。

  • 南蛮筒:海外より伝来した火縄銃を指す。それを手本に国内で製造されたものは異風筒と呼ばれる。
  • 稲富筒:稲富流の仕様に基づいて製作された鉄砲。
  • 関流筒:関流砲術参照。

歴史としての火縄銃[編集]

諸外国では火縄銃による射撃競技が盛んに行われ、また競技以外にも日本の鉄砲隊と同様、あるいはそれ以上無数と言ってよいほど多数のリエナクターによるボランティアインファントリー(義勇歩兵隊)が存在する。アメリカでは、南北戦争を記念する行事でそれら歩兵隊等による大規模な南軍北軍の模擬戦闘が行われることがある。この場合、安全な現代ガンメーカーの手によるレプリカが多く使用される(日本のミロク社も米国等へレプリカの古式銃を輸出している)。同時に歴史的な前装大砲も大切に保存され、毎日空包発射をするものや、青年の体育訓練として野砲を分解して運搬する障害物レースを行い最後に組み立て空包装填して先に発射した方が勝ちというイベントなどもある。

現代の日本におけるデモンストレーション[編集]

火縄銃を構える岡山城鉄砲隊の隊員。
五匁火縄銃による模擬射撃。ひめじお城まつりにて撮影。

日本各地に鉄砲隊と称し、イベント時に火縄銃で空砲をうつ団体が多数できた。これは伝承砲術によっているものであるが、日本では幕末維新期に兵制・武器の西欧化が急速に行われたため、流派の直接伝承はすべていったん途絶えている。現存する流派は伝来した古文書などを解読して後世再興したものである。古式銃団体の性格は、

  • 伝書などに準拠し純歴史学的に再興したもの(但し1、2の流派で明治以降も祭礼等で細々と伝承されたものもある)。
  • 地域に伝わった鉄炮衆などの由来に基づき地域の特色ある武術の再現として研究されたもの。
  • それ以外のもの。

の3種が大まかに分類できる。

火縄銃射撃競技[編集]

国際競技[編集]

ヨーロッパ北米などでは盛んに火縄銃も含むマズルローダー射撃競技(前装銃射撃競技)がおこなわれている(日本からも世界選手権と環太平洋選手権大会に選手を派遣している)。日本国内では日本ライフル射撃協会傘下に日本前装銃射撃連盟があり、射撃競技が行なわれている。ただし銃刀法や火薬類取締法などに基づく各種規制があるため、競技人口は極めて少ない。しかし日本製の火縄銃は高精度に製造されており、制約の多い環境下ながら日本の選手は国際大会で上位入賞することも多く、欧米の多くの選手も火縄銃種目では日本製または日本型レプリカの火縄銃を使って参加している。アジア地域で国際前装銃連盟に加盟しているのは日本のみである。

日本でおこなわれる競技は以下の通りである。「種子島銃立射」と「種子島銃膝射」では、国際ルールと同じく射距離50メートルで「日本公式種子島標的(黒点径40cm)」を使用する。「中筒(侍筒)」では、同標的で十匁玉筒(10の重さの弾を使用する銃)を自由姿勢にて射撃する。「ベッテリー」は「フリーピストル標的」を使用する50メートル競技で、前装銃であれば銃種を問わない(火縄銃でなくても使用でき、千葉県ライフル射場で開催される競技会に限って行われる)。他、同標的で25メートル、短筒を片手撃ちで競う「短筒」が存在する。

日本独自の競技[編集]

日本独自の競技として、古式に則った、8寸角板に4寸黒丸の「和的(江戸時代規格の標的)」を狙い、27メートル(江戸時代は15)の距離で命中の優劣を競う「古式勝ち抜き」及び、5分間に10発撃つ「早撃ち」がある。

火縄銃の実弾射撃は指定された射撃場でしか認められない。2005年(平成17年)現在、公営射撃場としては神奈川県伊勢原市の県営伊勢原射撃場、千葉市若葉区の千葉県総合スポーツセンター射撃場、和歌山県海南市の和歌山県営射場、の以上3ヶ所(また他にも私立の射場で可能な所がある。その他、茨城県営真壁ライフル射撃場は、法制上では火縄銃の射撃が認められている。ただし射場管理者が火縄銃の使用を断っているため使用できない)

所持と分類[編集]

銃刀法に定める範囲の古式銃の所持は、現代銃と異なり属人的な免許・許可ではなく、属物的な登録制で、登録は都道府県教育委員会の所管(かつては文化財保護委員会であった)である。登録は日本刀などと同じく銃に対してなされ、登録を受けた銃器は誰でも所持・所有できるが、実際に実弾・空包の発砲及び火薬の入手所持消費に関しては、その都度(実弾射撃を許可された者は、火薬購入については1年間、また消費は6ヶ月間限定の)所轄の警察署を通じて公安委員会の別途の許可を受ける必要がある。

古式銃とは主に前装式銃砲のことを言うが、初期の後装銃も佐賀藩の主力銃であったスペンサー銃(のちにウインチェスター銃の祖形となった)をはじめ、普仏戦争の主要銃であったシャスポー銃(後に村田式の開発の淵源となった)やドライゼ銃(ツンナール)など類種のものも相当数輸入されていた。ただこれらは維新後に訓練銃などとして使用されたり、外国に売却されたりして、現在国内残存数は比較的少ない。日本の法律では現在のところ、古式銃とは1867年の時点で国内に存在したことが個別に証明できた国産または外国製の歴史遺物銃器の実物である(したがって実物に忠実に作られたものであってもレプリカは認められない。これは古式銃の登録制度が歴史史料及びその美術価値の保存を目的としていて、射撃に使用することを想定して制定されたものでないことによる)ということになっている。ただし真正の古式銃であっても明治以後に新式又は現代の弾薬が使用できるように改造されたもの、あるいは現用の弾薬(装弾)が使用できる可能性のあるもの(もっとも顕著な例は坂本龍馬が使用したと言われるSW・Mk1、Mk2リボルバー)などは(現代銃に準ずる機能を有するもの)として登録審査時に排除され、したがって所有できないものがある。真正の歴史遺物の国産火縄銃であれば、たとえ外国から里帰りしたものであってもほとんどはそれらの問題は無い。競技用として、また空包用として使用されているものは国産火縄銃がほとんどで、すべて歴史遺物に限られる。

なお、国内で古式銃登録をされている火縄銃(即ち、火縄銃競技などで使用する目的で購入できる銃)は前述の通り1867年(慶応3年)以前に製造された物とされているが、近年こうした古式銃の中に明治期以後から現在に掛けて贋作師によって違法に製造されたと思われる「贋物」の火縄銃が存在する事例が研究者やコレクターによって狩猟専門誌などに報告されている。

こうした贋作火縄銃は前述の「幕末期ごろまでに諸藩により研究された水平二連式や連発式の試作火縄銃」とされる物に特に多く見られ、本物として鑑定済みの物に比して稚拙な構造の機関部(カラクリ)や、銃身接合技術の明らかな手落ちなどから贋物と判明する場合が多い。また、「それまで史料に全く登場していなかった形式の銃が突如“発見”される」といった形で市場に流通することで明るみに出る場合もあり、体系だった研究を行う専門家が極めて少ない事情もあって、時に真正の古式銃として都道府県教育委員会の登録を受けてしまっている物すら存在する。

こうした贋作火縄銃は文化財としての価値が皆無であることは当然として、本来の火縄銃職人ではない者が形だけを擬えて偽作した物である故に、実射を行う為の実用銃としても安全性が極めて乏しい為、過去に実射競技で使用されていた実績のない火縄銃や、一般的な形式とは異なる珍しい火縄銃を購入する際には信頼の置ける研究家の鑑定を経て本物と認定済みの物を選ぶことが、自分の身の安全を確保する意味でも強く推奨される。

慣用句[編集]

火蓋を切る
火蓋を切る」は、物事を開始するという意味で用いられる。由来には以下の説がある。
  1. 射撃を始めるにあたって、火蓋を切る( = あける)ことから。[31]
  2. 装填したあと火蓋を縛っておいたこよりを戦闘の際に切る動作に由来する。

日本における火縄銃関連人物一覧[編集]

鉄砲隊[編集]

砲術家[編集]

鍛冶師(鉄砲鍛冶、銃匠、ガンスミス)[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Elgood, Robert (1995-11-15) (英語). Firearms of the Islamic World: in the Tared Rajab Museum, Kuwait. I. B. Tauris; First Edition edition. p. 33. ASIN 185043963X. ISBN 978-1850439639. 
  2. ^ Hall, BertS (1997-05-12) (英語). Weapons and Warfare in Renaissance Europe: Gunpowder, Technology, and Tactics (Johns Hopkins Studies in the History of Technology). The Johns Hopkins University Press. p. 212. ASIN 0801855314. ISBN 978-0801855313. 
  3. ^ Early Firearms: 1300-1800 (Shire Library) p.6
  4. ^ a b HANDGONNES AND MATCHLOCK
  5. ^ roger pauly "firearms" p.30
  6. ^ 後述、但し厳密にはすべての火縄銃を「種子島」と云わず、比較的に太く短いものをさすことが多い。
  7. ^ 伝来の時期や経路についても諸説あり詳しくは鉄砲伝来参照。
  8. ^ 須川薫雄 (2009年(平成21年)). “威力の実験-はたして鎧は鉄砲に対抗できたか-”. 日本の武器兵器 JapaneseWeapons.Net. 2011年12月3日閲覧。
  9. ^ 現代の実包のように弾丸と装薬が一体になっているわけではなく、さらに弾丸の寸法の正確さも現代の火器ほどには求められない
  10. ^ ノエル・ペリン、川勝平太(訳)、1991年(平成2年)、『鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮』、中央公論社(原著1984年) ISBN 978-4122018006「鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮」中公文庫
  11. ^ Noel Perrin (1988-01-01) (英語). Giving Up the Gun: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879. David R. Godine. ASIN 0879237732. ISBN 978-0879237738. 
  12. ^ 藤井宏の説によれば、1598年から1603年以降にかけて四度にわたって成立し、四版が国立公文書館所蔵の五巻本『神器譜』である。日本大百科全書(小学館)矢澤利彦 筆
  13. ^ 塚本学、1974年(昭和49年)、「綱吉政権の鉄砲改めについて--その幕政史上の意義」、『徳川林政史研究所研究紀要』1971号、徳川黎明会、ISSN 03869032
  14. ^ 馬場弘臣、1988年(昭和63年)、「天保期の幕府鉄砲改めについて―小田原藩領を事例として― (PDF) 」 、『湘南史学』10号、東海大学大学院日本史学友会、ISSN 02885948 pp. 194-209
  15. ^ 江戸と座敷鷹 - 生類憐れみの令とは?
  16. ^ 塚本学、1993年(平成5年)、『生類をめぐる政治―元禄のフォークロア』、平凡社 ISBN 978-4582760187
  17. ^ 武井弘一、2010年(平成22年)、『鉄砲を手放さなかった百姓たち 刀狩りから幕末まで』、朝日新聞出版 ISBN 978-4022599681 武井弘一『鉄砲を手放さなかった百姓たち』
  18. ^ 阿部英樹、2002年(平成14年)、「幕末瀬戸内農村における鉄砲売買の実態と特質 : 広島藩領安芸国賀茂郡黒瀬組の「鉄炮商事」を事例として(楠恭雄教授退職記念号) The Characteristics of the Gun Trade at Setouchi (瀬戸内) in Later Edo Period : Case Study of Kamo-gun (賀茂郡) "Kurose-gumi" (黒瀬組) in the Hiroshima-han (広島藩)(In Honor of Professor Emeritus Yasuo Kusunoki) (PDF) 」 、『中京大学経済学論叢』13号、中京大学、ISSN 0915-2555NAID 110006604574 pp. 49-78
  19. ^ 歴史群像 2005, p. p.92.
  20. ^ a b c 歴史群像 2005, p. pp.98-99.
  21. ^ a b c d e f g h 歴史群像 2005, p. pp.96-97.
  22. ^ 歴史群像 2005, p. pp.94-95.
  23. ^ 久芳崇、2010年(平成22年)、『東アジアの兵器革命 十六世紀中国に渡った日本の鉄砲』、吉川弘文館(原著1991年) ISBN 978-4642081498
  24. ^ a b c d e アーノルド・パーシー、林武 監、東玲子(訳)、2001年(平成13年)、『世界文明における技術の千年史―「生存の技術」との対話に向けて』、新評論社(原著1991年) ISBN 978-4794805225
  25. ^ bert S.hall "weapons&warfare" p.100.132
  26. ^ Rázsó, Gyula (1982). "The Mercenary Army of King Matthias Corvinus". In J. M. Bak and B. K. Kirily p.125-140
  27. ^ デイヴィッド・ニコル「イニチェリ」、しかし遺物や図などの記録は定かではない
  28. ^ roger pauly "firearms" p.34
  29. ^ a b c d e 篠田耕一 『武器と防具 中国編』 新紀元社、1992年、229-233頁。
  30. ^ JapaneseWeapons.net-火縄銃の種類とサイズ
  31. ^ 広辞苑第五版、成語林(旺文社)による

参考文献[編集]

  • 歴史群像 (2005), “鉄砲 異国より伝来し戦場を一変させた飛び道具の革命”, 決定版 図説・日本武器集成, 学習研究社, ISBN 4-05-604040-0  - 当該部は協力・日本前装銃射撃連盟会長 小野尾正治。

関連書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]