マウリッツ (オラニエ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラニエ公マウリッツ

マウリッツ・ファン・ナッサウ(Maurits van Nassau, 1567年11月13日 - 1625年4月23日)は、オランダ総督オラニエ公。ウィレム1世の次男で、フィリップス・ウィレムの弟、フレデリック・ヘンドリックの兄。父の死後、スペインとの八十年戦争において中心的な役割を果たした。

死に臨んで、「2プラス2は4である」ということを自己の信条にしたほどの合理主義者であったとされる。また、自らの軍隊に徹底した訓練を行うと共にそのマニュアル化を行った。これがヨーロッパ各国の軍隊に多大な影響を与えたことから、「軍事革命」とも評価される。

生涯[編集]

1567年にドイツ西部のディレンブルクで生まれた。父はウィレム1世、母アンナザクセン選帝侯モーリッツの娘であった。母方の祖父の名を取ってマウリッツ(モーリッツ)と命名され、父方の叔父のナッサウ=ディレンブルク伯ヨハン6世の元で育てられた。

1584年の父の暗殺後、1585年ホラント州ゼーラント州の総督となった。当初はイングランドから派遣されたレスター伯ロバート・ダドリーがオランダを率いていたが、指導力不足から1587年にイングランドに帰国するとマウリッツがオランダを率いる立場に置かれ、1590年ユトレヒト州ヘルダーラント州オーファーアイセル州総督も兼ねるようになった。

戦争はスペイン領ネーデルラント総督のパルマ公アレッサンドロ・ファルネーゼがオランダの都市を奪い続けていたが、1588年アルマダの海戦でスペインが敗北、翌1589年にスペイン王フェリペ2世フランスの内戦(ユグノー戦争)に介入してパルマ公をフランスへ出兵させたため、その隙に都市奪還を図り1590年ブレダ1591年デーフェンターズトフェンナイメーヘンを、1592年スティーンワイカーラント1593年ヘールトラウデンベルフを奪還してオーファーアイセル州・ヘルダーラント州・北ブラバント州を回復、1594年にはフローニンゲン州も取り戻してオランダの領土を拡大、1597年までに再び北部7州をまとめ上げた。1596年にはイングランド・フランスとグリニッジ条約を締結、2国からオランダの承認・対スペイン同盟締結でオランダの地位を固めた[1]

教養人でもあったマウリッツは、古代ローマ帝国時代の軍事に関する文献を踏まえつつ、自らの軍隊に独自の教練を施して軍の強化に成功し、1597年トゥルンハウトの戦い1600年ニーウポールトの戦いで勝利を重ね八十年戦争を優勢に進めた。しかし1603年から参戦したスペインの将軍アンブロジオ・スピノラが南部の都市を奪還して回り、1604年にグリニッジ同盟が解散、スペインが国家破産を宣言するなど深刻な財政難に陥っていたスペイン・オランダ両国は次第に戦争を継続することが困難になり、1608年よりハーグで和平交渉が行われ、最終的には1609年アントウェルペンで12年間の休戦協定が成立した。

戦時中の1602年オランダ東インド会社が設立してオランダがアジアに進出、毛織物貿易が盛んに行われオランダは黄金時代を迎えることとなる(オランダ海上帝国)。一方で父が暗殺されたようにオランダ内部では絶えず政争が続いていて、休戦協定はホラント州法律顧問のヨーハン・ファン・オルデンバルネフェルトが商人層を代表して結んだが、庶民派とマウリッツは協定に不満で両者は対立関係となり、宗教問題でカルヴァン主義予定説をどう解釈すべきかで政治問題に発展、オルデンバルネフェルトは予定説を柔軟に解釈すべきとする寛容派に属したが、マウリッツは厳格に解釈しようとする厳格派に肩入れし、1618年に開かれたドルトレヒト会議で厳格派が主流となりドルト信仰基準が採択され、1619年にオルデンバルネフェルトを処刑して自らの政権を維持した[2]

1621年に停戦が終わるとスピノラと再戦、1624年にスペイン軍に包囲されたブレダを救援しようとしたが、1625年、決着が着く前にハーグで57歳で死去した。生涯独身を通し嫡子がなかったため、家督と地位は異母弟のフレデリック・ヘンドリックに受け継がれた。ただし、庶子にウィレムローデウェイクがおり、ローデウェイクの息子である孫ヘンドリックオランダ侵略戦争大同盟戦争スペイン継承戦争で従軍してアウウェルケルク卿と名乗り、この家系はナッサウ=アウウェルケルク家として続いた。

軍事革命[編集]

マウリッツが従兄のナッサウ=ジーゲン伯ヨハン7世(叔父ヨハン6世の子)と共に行った一連の軍事訓練は、「軍事革命」とも評価される画期的なものであった。もちろん、従来の軍隊にも軍事訓練はあったが、マウリッツはその訓練を非常に精緻なものとした。例えば、銃を扱う際にもその動作を数十にまで細分化し、かけ声に合わせて一斉に動作できるようにした。また、行進の規則を定めることで、指令に従って軍団が迅速に陣形を変えることを可能にした。こうした訓練は、非戦闘中の兵士の士気を維持させることにもなった。また、訓練を通じて、本来傭兵の寄せ集めでしかない軍隊の中に、ある種の連帯意識を形成させることにも寄与した。

これらの訓練マニュアルは秘密裏にされず、書物として刊行された(『武器の操作、火縄銃マスケット銃・槍について、オラニエ公マウリッツ閣下の命令によって著す』、日本語未訳)。そのため、諸外国がマウリッツの基本教練を参考にして、自国の軍隊を鍛え上げるようになった。

さらにマウリッツは、パイク兵方陣テルシオ)による白兵戦闘が主流であった当時のヨーロッパの陸戦を刷新し、歩兵騎兵砲兵を加えた三兵戦術の基盤を築いた。マウリッツが生きている間は、それでも名将スピノラ率いるスペイン軍との戦闘は五分五分といったところであったが、彼の死後、オランダは当時ヨーロッパ最強の軍事大国であったスペインとの八十年戦争を乗り切って完全独立を果たすことができた。

またマウリッツは将校を育成するための士官学校も創設した。この士官学校の卒業者の中には、後にバルト海一帯の覇権を握るスウェーデングスタフ2世アドルフに仕える者もいた。スウェーデン軍の強化は、この卒業生の功績によるものも大きいと推測されている。このように、軍事史におけるマウリッツの影響は、オランダ一国にとどまらずヨーロッパ全体に広まった[3]

加えてマウリッツは、軍隊にシモン・ステヴィンジャック・アローム等の優れた数学者・技師などを招き、新兵器の開発も振興した。

日本との交渉[編集]

1609年(慶長14年)、日本江戸幕府)に進出したオランダ東インド会社はマウリッツをオランダ「国王」とする書簡を駿府で前将軍大御所徳川家康に提出し、朱印状による交易を認められた。以後、オランダ東インド会社はオランダ総督を「国王」とするフィクションを維持することになる。

脚注[編集]

  1. ^ ブロール、P48 - P50、ウェッジウッド、P359 - P363。
  2. ^ ブロール、P52 - P69、森田、P251 - P253、ウェッジウッド、P363 - P366。
  3. ^ 菊池、P133 - P140。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
フィリップス・ウィレム
オラニエ公
1618年 - 1625年
次代:
フレデリック・ヘンドリック