フィリップス・ウィレム (オラニエ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラニエ公フィリップス・ウィレム

フィリップス・ウィレム(Filips Willem van Oranje, 1554年12月19日 - 1618年2月20日)は、オラニエ(オランジュ)公。オランダ総督・オラニエ公ウィレム1世の長男。母アンナはエフモント伯ラモラールと同族である。名前は父の主君、神聖ローマ皇帝カール5世の息子フェリペと、父の名前を取って名付けられた。

1568年スペインへ拉致され、マドリードカトリック教徒として育てられた。そのため、八十年戦争に加担せず、オランダ共和国の内政にも関わらなかった。父ウィレムによって相続人から外されていたにもかかわらず、1584年に父が暗殺されるとオラニエ公領などの遺領を相続したとして、異母弟マウリッツフレデリック・ヘンドリックと争った。

1598年からブリュッセルブレダ(当時スペインの支配下にあった)で暮らし、南ネーデルラントにあったオラニエ=ナッサウ家の財産を自らのものとした。1606年コンデ公アンリ1世の娘エレオノールと結婚したが、子供はできなかった。1618年、ブリュッセルで謎の死を遂げた。その後、異母弟マウリッツがオラニエ公を継承した。

先代:
ウィレム1世
オラニエ公
1584年 - 1618年
次代:
マウリッツ