オランジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏 > ヴォクリューズ県 > オランジュ


Orange
Armoirie Principauté d'Orange.png
ORANGE-mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ヴォクリューズ県
(arrondissement) Arrondissement of Orange
小郡 (canton) 2
INSEEコード 84087
郵便番号 84100
市長任期 ジャック・ボンパール
(極右諸派、元FN)
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) なし
人口動態
人口 市: 28,889人
2006年
人口密度 377人/km²
地理
座標 北緯44度08分18秒 東経4度48分35秒 / 北緯44.138334度 東経4.809723度 / 44.138334; 4.809723座標: 北緯44度08分18秒 東経4度48分35秒 / 北緯44.138334度 東経4.809723度 / 44.138334; 4.809723
標高 平均:? m
最低:24 m
最高:127 m
面積 市: 74.20km² (7 420ha)
Orangeの位置(フランス内)
Orange
Orange
テンプレートを表示

オランジュOrange)は南フランスプロヴァンス地方のヴォクリューズ県にある市。人口約2万8千人。アヴィニョンの北方21キロに位置する。英語ではオレンジ(Orange)、オランダ語ではオラニエ(Oranje)となる。

歴史[編集]

古代にはケルト人の居住地であったが、ローマ帝国に支配され、この時代の遺跡も残る。12世紀には神聖ローマ帝国の封土として小規模な公国となり、16世紀に婚姻関係によって、元来ドイツネーデルラント貴族であったナッサウ家の一族に相続された。

ウィレム1世以降のオランジュ(オラニエ)公の家系をオラニエ=ナッサウ家というが、ウィレム1世以来代々ネーデルラント連邦共和国統領(総督)を出し、ウィレム3世(ウィリアム3世)イングランド王も兼ねた。1673年ルイ14世によってオランジュ公の城が破却され、オランジュ公国は1702年にフランス王国に併合されたが、以後もオラニエ公の称号は名目上のものとして用いられた。そしてオラニエ=ナッサウ家を現在まで続く王家としてオランダ(ネーデルラント)王国が成立すると、オラニエ公は王太子に与えられる称号となった。

なお、19世紀にオランダ系ボーア人南アフリカに建国したオレンジ自由国もこのオレンジ=オランジュ(オラニエ)にちなむ。

世界遺産[編集]

オランジュに残るローマ遺跡は「オランジュのローマ劇場とその周辺及び『凱旋門』」として1981年ユネスコ世界遺産に登録されている。ローマ劇場の遺跡では毎年夏に音楽祭が開催される。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]