オランジュ音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランジュのローマ劇場
音楽祭の様子

オランジュ音楽祭フランス語: Chorégies d'Orange)は、フランス南部のオランジュで毎年8月に開かれるオペラ音楽祭。公演は古代ローマ劇場の遺跡で行われる。ローマ劇場は壁面が残存しており、後世に9000席の客席が再建されたものである。

概要[編集]

最初の祭典は1860年に開催されたが、1869年にローマ劇場の復元が成ると「ローマ祭」と呼ばれ、エティエンヌ=ニコラ・メユールのオペラ『ジョゼフ』が上演された。祭典にはフランスの著名な芸術家たちが出演し、1世紀にわたって演劇、オペラ、コンサートが開かれた。1903年にはサラ・ベルナールが『フェードル』を上演したほか、『アンドロマック』『アンティゴネ』などの演劇が上演された[1]

1902年から祭典は「コーレジー」と呼ばれ、毎年実施されるようになった。コーレジーとはギリシャ語で合唱指導者を意味する「khorêgós(コレゴス)」が語源で、舞台の壁面の優れた音響効果からその名がつけられた。コーレジーでは音楽と演劇が交互に上演されてきたが、1969年から演劇はアヴィニョン演劇祭で行われるようになり、1971年から「新コーレジー」というオペラ音楽祭として再生した。現在では声楽リサイタルオーケストラコンサートとともに2つのオペラを2回上演するのが一般的である。

上演オペラ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ La Comédie-Française à Orange, le programme d'Andromaque, le 17 juin 2011, p.5

文献[編集]

  • Philippe Chabro, Chorégies d’Orange (1971–1994), Actes Sud, Arles, 1995 2-7427-0633-X

外部リンク[編集]