サロメ (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サロメ』(原題(ドイツ語):Salome)作品54は、リヒャルト・シュトラウス1903年から1905年にかけて作曲した1幕のオペラ(元々の記述はオペラではなく、「1幕の劇 Drama in einem Aufzuge」であるが、ドイツオペラはむしろオペラと明記してある作品の方が少数でもあり、通常は一括してオペラと呼ばれる)。台本はオスカー・ワイルドの戯曲をもとに、ヘドヴィヒ・ラハマンが独訳したもの。

概要[編集]

火の危機》を発表後、この作品と対になる一幕もののオペラを構想したことに始まるといわれる。物語はもともと『新約聖書』の一挿話だが、オスカー・ワイルドの戯曲になる頃には、預言者の生首に少女が接吻するという世紀末的退廃芸術にまで変容している。音楽としては、自身の交響詩により進化した極彩色による濃厚な官能表現が見事に生きている。

シュトラウスは最初、アントン・リントナーの台本による作曲を考えていたが、原文をそのまま用いる方が良いと判断し、原作の独訳を台本としている(一部削除している箇所もある)。

前奏なしの4場構成。第4場の「サロメの踊り(7つのヴェールの踊り)」が著名で、単独の演奏や録音も存在する。ただし、劇の流れからするとこの部分はやや浮いており、前後の緊張感あふれる音楽・歌唱を弛緩させているという評価(例えばアルマ・マーラーによる批判[1]など)も少なからず存在する。この「欠陥」は次作の《エレクトラ》でほぼ克服されている。

初演[編集]

日本初演は1962年4月24日フェスティバルホール(大阪)において、マンフレート・グルリット指揮、東京フィルハーモニー交響楽団他によって行われた。

編成[編集]

105名~108名必要

ピッコロ 1、フルート 3、オーボエ 2、イングリッシュホルン 1、ヘッケルフォン 1、E♭クラリネット 1、B♭管クラリネット 2、A管クラリネット 2、バスクラリネット 1、ファゴット 3、コントラファゴット 1、ホルン 6、トランペット 4、トロンボーン 4、バスチューバ 1、ティンパニ (小ティンパニを含めて計5個、一人)、タムタム 1、シンバル 1、大太鼓 1、小太鼓 1、タンブリン 1、トライアングル 1、木琴 1、カスタネット 1、グロッケンシュピール 1、(打楽器で6人~7人必要)、チェレスタ 1、ハープ2、第1ヴァイオリン 16、第2ヴァイオリン 16、ヴィオラ10~12、チェロ 10、コントラバス 8、ハルモニウムオルガン

そのほか中小の歌劇場用の3管編成の楽譜が存在している。(デュッセルドルフ・オペラ)

演奏時間[編集]

約1時間45分(カット無し)

脚注[編集]

  1. ^ Alma Maheler, Gustav Mahler, Hesperides Press, 2008, ISBN 978-1443723688, 76ページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]