ナザレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナザレ、アン=ナースィラ
נָצְרַת
الناصرة
イスラエルの旗
Nazareth (by Fares).jpg
位置
ナザレの位置の位置図
ナザレの位置
ナザレの位置(イスラエル北部)の位置図
ナザレの位置(イスラエル北部)
座標 : 北緯32度42分7秒 東経35度18分12秒 / 北緯32.70194度 東経35.30333度 / 32.70194; 35.30333
行政
イスラエルの旗 イスラエル
 行政区 北部地区
 市 ナザレ、アン=ナースィラ
地理
面積  
  市域 14.12km2(5.45mi2
人口
人口 (2007年現在)
  市域 65,500人

ナザレまたはナザレトアン=ナースィラ現代ヘブライ語נצרת, Náẓəratナツラット、ティベリア式ヘブライ語Nāṣəraṯナーツェラス、アラビア語الناصرة an-Nāṣirah, ドイツ語Nazaretナツァレト、英語Nazarethナザレス)は、イスラエル都市北部地区の中心地である。

住民の多くがアラブ人キリスト教徒だが、イスラム教徒・ユダヤ教徒も多く住む。市長キリスト教マロン派

キリスト教徒にとっては、イエス・キリストが幼少期から公生涯に入るまでを過ごした土地であり、彼自身が「ナザレ人」と呼ばれたと新約聖書にあることから、きわめて重要な場所とされる。

概要[編集]

歴史[編集]

637年イスラム教徒によるパレスチナ地区の征服が始まり、この地区にイスラム教がもたらされる。その後の400年間で、イスラム教徒の住人の割合が増加するが、アラブ・キリスト教徒も少数派として残る。第1回十字軍により、その後の長い争いが始まる。地元のサラセン人とヨーロッパ人による支配が幾度となく交代する。ガリラヤとナザレも支配も、その支配者が信仰する宗教徒を増やしながら、頻繁に入れ代わった。

1099年、十字軍のタンクレードがガリラヤを占領し、ナザレを首都に定める。古いScythopolis教区も、エルサレム王国時代からの4つの大司教区の1つであるナザレ大司教 (Archbishopric of Nazareth) の下に移される。1187年サラディンヒッティーンの戦いに勝利し、街は再びイスラムの支配下となる。残った十字軍やヨーロッパ人の牧師は、強制的に街から追い出された。

1263年マムルーク朝スルタンバイバルスが、パレスチナの地から、キリスト教徒の残党を追い払う命令の中で、ナザレにあったキリスト教徒の建築物を破壊し、キリスト教の牧師が町に立ち入ることを禁止した。ナザレにいたキリスト教徒はこの地で生き続けていたが、住民規模は縮小した。1294年にここを訪れたキリスト教巡礼者は、岩屋を守る小さな教会しかなかったと報告している。

14世紀、フランシスコ会の修道士の帰還と、聖堂跡地への居住が認められた。しかし、1584年、彼らは再び立ち退かされた。1620年オスマン・シリア (en:Ottoman Syria) の一部を支配していたFakhr-al-Din IIが、修道士の帰還と、受胎告知の岩屋に小さな教会を建設することを許可した。この神聖な場所周辺への巡礼ツアーが、以前町に住んでいたフランシスコ会によって組織された。しかし修道士たちは、周囲に住むベドウィンに苦しめられていた。ベドウィンはしばしば身代金目的に誘拐を行ったためである。地元シャイフDaher el-Omarの治世に平和が戻った。彼はガリラヤの大部分をオスマン化し、1730年にフランシスコ会の教会建築を承認した。

1799年、ナザレはナポレオン・ボナパルトによって占領された。 エジプトの将軍イブラーヒーム・パシャの統治時代は、オスマン・シリアの大部分とナザレは、ヨーロッパ人の宣教師や貿易商に開放された。オスマン帝国による再支配の後、ヨーロッパのお金がナザレに流入し続け、数多くの教育機関が建てられた。

  • 1861年 - フランシスコ会がメンザ・クリスティ聖堂 (knessith menzah krist'i) を建設

地理[編集]

気候[編集]

政治[編集]

産業[編集]

交通[編集]

観光[編集]

教育[編集]

スポーツ[編集]

友好都市[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ナザレ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。