ヘロデヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ドラローシュによるヘロデヤ

ヘロデヤ、またはヘロディアスギリシア語: Ηρωδιάς, ラテン文字表記:Herodias)は、新約聖書に登場する人物である。ヘロデ・アンティパス(国主ヘロデ)の妻で、アリストブロスベルニケの娘で、ヘロデ・アグリッパ1世の姉妹である。

最初、ヘロデ大王と大祭司シモンの娘マリアンメとの間に生まれた、ヘロデ・ピリポ(聖書ではピリポ)と結婚して、娘サロメを儲けた。しかし、夫の異母兄弟のヘロデ・アンティパス(国主ヘロデ)と恋仲になり、ピリポと離婚してヘロデ・アンティパスと結婚した。

バプテスマのヨハネは、この結婚が不当であると非難したために投獄された。ヘロデヤはヨハネを恨んで、夫ヘロデ・アンティパスをそそのかして処刑させた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ヘロデヤ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。