洗礼者ヨハネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
洗礼者ヨハネ(サンドロ・ボッティチェッリによる)

洗礼者ヨハネ(せんれいしゃヨハネ、ラテン語:Ioannes Baptista、:John the Baptist、: Johannes der Täufer:Jean le Baptiste、:Giovanni Battista、スペイン語:Juan el Bautista、オランダ語:Johannes de Doper, BC6–2年頃~36年[1])は、『新約聖書』に登場する古代ユダヤの宗教家・預言者。個人の回心を訴え、ヨルダン川イエスらに洗礼を授けた。『新約聖書』の「ルカによる福音書」によれば、父は祭司ザカリア、母はエリサベトバプテスマのヨハネ洗者ヨハネとも。正教会ではキリストの道を備えるものという意味の前駆(Forerunner)の称をもってしばしば呼ぶ。日本ハリストス正教会での呼称は前駆授洗イオアン(ぜんくじゅせんイオアン)。

イエスの弟子である使徒ヨハネとは別人である。

生涯[編集]

出生と洗礼活動[編集]

ルカによる福音書』ではヨハネの母エリサベトとイエスの母マリアは親戚だったという(ルカ1:36)。同福音書においては、ヨハネは天使によってその誕生を予言されている。

マタイによる福音書』3章によればヨハネは「らくだの皮衣を着、腰に革の帯をしめ、いなごと野蜜を食べ物」とする人物であった。ヨルダン川の河畔の「荒野」で「神の国」が近づいたことを人びとに伝え、人びとに「悔い改め」を迫って、罪のゆるしに至る洗礼を授けていた。西暦28年ころにはナザレのイエスにも洗礼を授けた。イエスはこののち、ヨハネによって創始された荒野での洗礼活動に入っている。なお、ヨハネが求めた「悔い改め」とは道徳的な改心ではなく、むしろ、従来の当時のユダヤにおける人間の生活上の価値基準を180度転換すること、文字通りの「回心」であった。ヨハネは、ファリサイ派など当時のユダヤの主流派が、過去において律法を守って倫理的な生活を送ってきたことを誇り、それを基準として律法を守らない人びと、あるいは、貧困などによって守りたくても守ることのできない人びとを差別し、穢らわしいものとして蔑む心のありようを「」と考えたのである[2]

なお、『ヨハネによる福音書』1:35では、他の福音書でもイエスの最初の弟子とされるシモン・ペトロアンデレが、以前はヨハネの弟子であったとしている。

ヨハネの死[編集]

ヨハネの首を持つサロメ(カラヴァッジオによる)

ヨハネは当時の領主ヘロデ・アンティパスの結婚を非難したため、捕らえられ、首をはねられて処刑された(マタイ福音書14:1-13) [3]。ヘロデ・アンティパスの家令(執事)の妻が首を埋葬した。キリスト教伝承では首はのちに再び発見され、コンスタンティノポリスにもたらされたとされる。

ヨハネの死の顛末は後にオスカー・ワイルドの「サロメ」でも有名となる。

なお、洗礼者ヨハネの弟子たちのグループがその後も地中海世界で宣教活動をおこなっていたことが『使徒行伝』19:3から伺われる。

キリスト教において、伝統的にヨハネはイエスの先駆者として位置づけられている。このため正教会では前駆授洗者(ぜんくじゅせんしゃ、Forerunner)の称号をもって呼ぶ。キリストの先駆者として特別の尊崇を受け、カトリック・正教会・聖公会などで聖人とされている。伝統的に、誕生・斬首・首の発見、のそれぞれが祭日とされる。洗礼名としても好まれ、他のヨハネと区別するため、ジャン=バティスト(フランス語)ととくに呼ぶこともある。また「洗礼者」のみを名前として用いることもある(イタリア語、バッティスタなど)。

“そのころ、領主ヘロデはイエスのうわさを聞いて、家来に言った、「あれはバプテスマのヨハネだ。死人の中からよみがえったのだ。それで、あのような力が彼のうちに働いているのだ」。というのは、ヘロデは先に、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことでヨハネを捕らえて縛り、獄に入れていた。すなわち、ヨハネはヘロデに「その女をめとるのはよろしくない」と言ったからである。そこでヘロデはヨハネを殺そうと思ったが、群集を恐れた。彼らがヨハネを預言者と認めていたからである。さてヘロデの誕生日の祝に、ヘロデヤの娘がその席上で舞をまい、ヘロデを喜ばせたので、彼女の願うものは、なんでも与えようと、彼は誓って約束までした。すると彼女は母にそそのかされて、「バプテスマのヨハネの首を盆に載せて、ここに持ってきていただきとうございます」と言った。王は困ったが、いったん誓ったのと、また列座の人たちの手前、それを与えるように命じ、人をつかわして、獄中でヨハネの首を切らせた。その首は盆に載せて運ばれ、少女にわたされ、少女はそれを母のところに持って行った。それから、ヨハネの弟子たちがきて、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。”(マタイによる福音書 第14章1~12)

キリスト教における崇敬[編集]

キリスト教内のヨハネ理解[編集]

福音書筆者はイエスの言葉として、洗礼者ヨハネは預言者のうち最大のものであるが、天国の最も小さいものでも彼よりは大きいとしている。キリスト教におけるヨハネの位置は、旧約時代の最大の預言者であり、イエスの到来を告げる役割をもっていたとする。そのような解釈の根拠となったのはイザヤ書マラキ書にある「主の道を備える者」についての預言である(イザ40:3、マラ3:1)。この理解は比較的早くキリスト教内に成立したとみられ、共観福音書すべてが旧約のこの箇所に言及している。またマラキ書には、この預言者をエリヤと呼んでおり(マラ3:23)、福音書ではヨハネをエリヤの再来と捉える見方が提出されている。エリヤはユダヤ教において、モーゼに匹敵する預言者とみなされており、またその不死が信仰されていたのである。また、キリストの洗礼をもって三位一体の顕現とみなす立場からも、ヨハネはキリストの本性を示す役割を担ったとされた。

このような「イエスに導くもの」としての理解から、後に、ディーシス(執り成し)において、マリアと洗礼者ヨハネを並置して描く図像表現が生まれている。また時代が下がった伝承では、新約外典のルカ福音書外典等に、荒野の幼子洗礼者ヨハネがエジプト逃避行にある聖家族と出合ったとする伝承も生まれた。これはルネサンス以降特に西方で好んで描かれる題材となった。

“イエスが誕生する以前、ユダヤの地に一人の「預言者」が出現した。それが浸礼者ヨハネである。 ヨハネは、ローマ皇帝ティベリウスの在位十五年に、ヨルダン川流域で活動を開始した。彼はラクダの毛衣を身に着け、腰には革の帯を締め、イナゴと野蜜を食べていた。その姿は、かつてイスラエルに現れた大いなる預言者エリヤの姿を彷彿とさせるものであった。 『旧約聖書』には、次のような予言がある。「見よ、私はあなたより先に使者を遣わし、あなたの道を準備させよう。荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ』」 この使者こそ、洗礼者ヨハネであった。 彼の活動の中心は「洗礼」であった。彼は終末の接近を説き、神に心を向ける(回心する)よう人々に求め、その回心を認証するものとして洗礼を施していた。こうして洗礼を受けることが、終末の審判の際に救われる唯一の手段だというのである。 この活動は「罪の許しに至る回心の洗礼」と称され、民衆の絶大の人気を得た。その活動を聞き及んだナザレのイエスも、ヨハネのもとに赴いて彼から洗礼を受けた。”(『図説 聖書の世界』P164 月本昭男・山野貴彦・山吉智久著 学研)

美術作品[編集]

正教会における主の洗礼祭イコン。キリストに洗礼を施す洗礼者ヨハネ(左)が描かれている。
ヨハネの首。ルーカス・クラーナハ(父)、1531年。
「美しき女庭師」ラファエロ、1507年。

キリスト教美術において、ヨハネは好んで題材となる聖人のひとりである。ヨハネの描き方には、いくつかの伝統的な主題がある。

  • キリストの洗礼 ヨルダン川でイエスに洗礼を施すヨハネを描く。これは浸礼であったと推測されるが、滴礼が主流となった西方教会では、しばしば川に立つイエスにヨハネが滴礼を施す場面が描かれる。
  • 荒野のヨハネ 成人したヨハネは荒野で生活し、悔い改めを呼びかけた。これは荒野での修道生活の模範のひとつとされたため、好んで描かれる。切り落とされた首を添えて描かれることもある。
  • ディーシス(とりなし):聖母マリアとともに描かれる。キリストの両側に配されることが多い。古いモティーフであり、東西教会の両方にみられるが、特に東方教会のイコノスタシスにしばしば配置される。
  • 神の子羊(アニュス・デイ):キリストを指し示すヨハネ。ヨハネ福音書1章の記事に基づく。「見よ、神の子羊」と書いた文字が添えられることが多い。西方教会に多い作例である。
  • 処刑されたヨハネ:処刑されたヨハネの首が皿に載せられている図。東西両方にみられるが、この場面のみを単独で描くのは、西方教会に多い作例である。
  • 聖母子と少年ヨハネ:ルネサンス以降、西方教会で描かれるようになった主題。「神の子羊」と組み合わされることも多い。

ヨハネとともに描かれることの多い象徴(アトリビュート)には以下のものがある。

  • 「らくだの毛の皮衣」(ヨハネの衣装として)
  • 「悔い改め」を象徴する「斧を添えた切り株」
  • 「見よ、神の子羊」(Ecce, Agnus Dei)の文字、多く十字架に結んだリボンの上に描かれる 
  • 「杖状の細長い十字架」(しばしば

祭日[編集]

洗礼者ヨハネに関しては以下のような祭日が伝統的に設定されている。ただし今日では聖人崇敬を行う教会においても、必ずしもすべてが祝われているわけではない。

またこれに加え、正教会では神現祭の翌日1月7日1月20日)をヨハネのシュナクシス(前駆授洗イオアン会衆祭)としている(冬の前駆受洗イオアン祭とも)。

なお6月24日はカトリックなどにおける彼の聖名祝日となっている。

キリスト教以外でのヨハネ観[編集]

フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』には洗礼者ヨハネへの言及がある。

イスラム教はヨハネをイエス同様、預言者として認めている。イスラム教における名はヤフヤー。イエスとモーセを預言者として認めないマンダ教においては、ヨハネは最後のもっとも偉大な預言者とされる。

脚注[編集]

  1. ^ 本項目英語版による
  2. ^ 荒井(1988)p.110-111「イエス・キリスト」
  3. ^ 彼の死についてはサロメ (ヘロディアの娘)#伝承に引用を含む詳細な記述があるので、参照されたい

関連事項[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]