バプテスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バプテスマ(希:βάπτισμα baptisma)とは、キリスト教礼典の一つである洗礼のことで、バプテスト教会を含むプロテスタントが用いる日本語訳聖書における訳語である。

聖書において、イエス・キリストは弟子たちに次のように命じられている。

「だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼〔バプテスマ〕を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。」(マタイ28:18-20、新共同訳聖書

文語訳聖書』、『新改訳聖書』、『現代訳聖書』などの訳では「バプテスマ」と表記されているが、『新共同訳聖書』は「洗礼」と表記した上でルビに〔バプテスマ〕と振っている[1]

バプテスト教会[編集]

バプテスト教会幼児洗礼を否定し、信仰を告白した者のみがバプテスマを受ける資格があると主張する。

福音派[編集]

福音派では新生した者のみがバプテスマを受ける資格があると認め、洗礼による新生を退ける。

脚注[編集]

  1. ^ なお、訳語「洗礼」については、「せんれい」と読むほか、「バプテスマ」と読む場合を考慮し、例外として〔バプテスマ〕の振り仮名を付した。(『新共同訳聖書』凡例)

参考文献[編集]

  • 『バプテスト教会史』John.T.Christian著、天利信司/上山雄治訳、バプテスト文書刊行会、1979年
  • 『バプテスト-その名称、信仰、歴史、使命、特色-』天利信司著、バプテスト文書刊行会、1995年
  • 『一問一答』尾山令仁 羊群社
  • 『聖書翻訳を考える』聖書図書刊行会
  • 『聖書の日本語-翻訳の歴史』鈴木範久 岩波書店
  • 『プロテスタントとカトリックの団結ですか?』ICM出版
  • 『組織神学』ヘンリー・シーセン 聖書図書刊行会
  • 新聖書辞典いのちのことば社

外部リンク[編集]

関連項目[編集]