シラス (人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖シラスのイコン(作者不詳)

シラス古代ギリシア語: Σίλας英語: Silas)は、新約聖書の登場人物。

聖書によれば、アンティオキアに派遣された指導的な成員(使徒15:22)。預言者(使徒15:32)。ローマ人(使徒16:19、37-38)。

クリスチャンの間に割礼に関する問題が起きた時、エルサレム教会の代表者は会合を開き決定を下した(使徒15:1-32)。その決定を知らせる使者としてシラスとユダ (バルサバ)が遣わされた(使徒15:22)。アンティオキアの成員はその決定の手紙を歓び、シラスは兄弟たちを励まし強めた(使徒15:30-32)。その後、シラスは使徒パウロと共に第2回宣教旅行に出た(使徒15:40)。彼らは旅行中ピリピで捕らえられ、着物をはぎ取られ何度もむちで打たれ、二人は牢獄に監禁され足かせ台に繋がれた(使徒16:12、16:22-24)。それでもパウロとシラスは神に賛美の歌を歌い祈り続けていた。すると、大地震が起こり、牢獄の扉は開き、足かせは外れた(使徒16:25、26)。看守は恐れて自害しようとするが、パウロはそれを止めると、看守は二人の傷を洗い、看守とその家族はバプテスマを受けて信徒となった(使徒16:27-34)。その後、テサロニケに向かうが暴徒に襲われベレヤに逃げるが、暴徒たちは追いかけて来る(使徒17:1-13)。パウロは一人で旅を続け、シラスとテモテは意欲的な人々を援助するためにベレヤに留まる(使徒17:14)。シラスとテモテはコリントで再びパウロと合流する(使徒18:1-5、コリント二11:9)。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「シラス (人物)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。