マラキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マラキは、旧約聖書マラキ書を書いた北イスラエル王国預言者

祭司たちへの裁きの宣告と民衆に対して神を恐れるものたちにある報い(マラキ書 3章16節〜18節)と予言者エリヤの再来とされる人物の出現(マラキ書 4章5節)を預言した。後者は、新約聖書のなかでは洗礼者ヨハネのイエス・キリストに対する関係を預言したと解釈される。

アイルランドの聖職者で、教皇に関する予言を遺したとされる聖マラキは別人である。

関連項目[編集]