不思議のメダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不思議のメダイ
不思議のメダイ:右は不思議のメダイ教会で販売しているもの

不思議のメダイ(ふしぎのメダイ、フランス語: Médaille miraculeuse: Miraculous Medal)は、聖母マリアの出現を目撃したフランスカトリック修道女カトリーヌ・ラブレ(カタリナ・ラブレ[1]、Catherine Labouré,フランス語版)が、聖母マリアによって示されたお告げとイメージをもとにデザインし[2][3]、金細工師のアドリアン・ヴァシェットフランス語版が製作したメダルmédaille=メダイユ)のこと。無原罪の御宿りのメダイとも呼ばれる。

由来・歴史[編集]

1830年7月18日パリのバック通りにある修道院でカトリーヌ・ラブレは子供の声を聞いて目を覚まし、そこで彼女は聖母マリアの出現を目撃した。聖母マリアは「神はあなたに使命を委ねます。あなたは否定されるでしょう、しかし恐れてはいけません。あなたは恩寵によってその使命をなしとげるでしょう。フランス、そして世界は今、悪の時代です」と話した[3]

同年11月27日、カトリーヌは夕方の黙想の時間に聖母マリアが再び現れたと報告した。聖母マリアは楕円形の枠の中で地上に立ち、様々な色の指輪をしており、ほとんど指輪からは輝く光線が地上に降り注いでいた。楕円形の枠のへりには "Ô Marie, conçue sans péché, priez pour nous qui avons recours à vous."原罪無くして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉るわれらのために祈り給え)という文字があり、そして楕円形の枠は裏返り、12の星の輪と十字架の上に乗る大きなMの文字、茨に囲まれた王冠を冠したイエス・キリストの心臓(至聖なるイエスのみ心)と、王冠を冠し剣の刺さった聖母マリアの心臓(聖マリアの汚れなきみ心)が見えた。カトリーヌはまた、聖母マリアが「このイメージを聴罪司祭に伝え、彼らにそのメダイを身に着けるように言い『それを身につける人は大きな恵みを受けるでしょう』と話しなさい」と言うのを聞いた[4]

カトリーヌは言われたとおり実行し、司祭は2年間の調査およびカトリーヌの日々の振る舞いについての観察の後、その身元を明かさずにパリの大司教に情報を持っていった。そして要請は受け入れられてメダイを作る許可が大司教から与えられ、聖母マリアがカトリーヌに示したイメージをもとに金細工師のアドリアン・ヴァシェットによって作り出された[5][6] 。それ以後、このメダイを身につけ聖母に取り次ぎを願う人々に、いろいろな奇跡の恵みが与えられたため、いつとはなしに「不思議のメダイ」と呼ばれるようになった[7]

不思議のメダイに関しての多くの著しい出来事の中の一つは、ストラスブールマリー=アルフォンス・ラティスボンヌフランス語版の回心である。ラティスボンヌは友人に対し教会に入ることはないと宣言していた。しかし、友人の強い勧めにより彼は不思議のメダイをつけることにしぶしぶ同意し、ローマサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会イタリア語版に入ると、不思議のメダイが象徴している姿の聖母マリアが彼の目の前に現れ、彼は速やかに回心した[4]

メダイの特徴[編集]

1836年2月16日の調査によると、メダイの形は卵形で、"Ô Marie, conçue sans péché, priez pour nous qui avons recours à vous." という祈りの言葉が聖母マリアの右手から始まり、頭の上に続いて、左手で終わっていた[8] 。カトリーヌ自身による手記によると聖母マリアは光り輝くローブを身にまとい、ローブはハイネックで平素な袖をしていた。聖母マリアは地球の半分の上に立っていて、手は腰の位置まで持ち上げられ、すべての指にはダイヤモンドの指輪がされ、異なる大きさの光線が出ていた。また指には各々3つの指輪がはめられ、最も大きな石が、最も光り輝く光線を出していた。カトリーヌはいくつかのダイヤモンドは光を発していなかったと付け加えている[8]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本のカトリック教会では、カトリーヌ・ラブレのことを慣習的にカタリナ・ラブレと呼ぶことが多く、この名でよく知られている。参照:Laudate 聖人カレンダー 11月28日 聖カタリナ・ラブレ 女子パウロ会
  2. ^ Ann Ball, 2003 Encyclopedia of Catholic Devotions and Practices ISBN 0-87973-910-X page 356
  3. ^ a b Mark Miravalle, 1993, Introduction to Mary ISBN 978-1-882972-06-7, pages 190-191
  4. ^ a b Glass, Joseph. "Miraculous Medal." The Catholic Encyclopedia. Vol. 10. New York: Robert Appleton Company, 1911. 20 Dec. 2012
  5. ^ McMenamin, M. 2010. Precisely dated early versions of the Miraculous Medal. Numismatics International Bulletin, v. 45, nos. 3/4, p. 43-48.
  6. ^ Mack, John (2003). The museum of the mind: art and memory in world cultures. British Museum. 
  7. ^ キリスト教マメ知識 不思議のメダイ 女子パウロ会
  8. ^ a b Aladel, M. (1999). The Miraculous Medal. Albany, New York: Preserving Christian Publications, Inc.. pp. 49-51. 

関連項目[編集]