アパレシーダの聖母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NS Aparecida.png

アパレシーダの聖母( - せいぼ、Nossa Senhora da Conceição Aparecida)はブラジルで信仰されている聖人サンパウロ州アパレシーダに現れたとされる聖母マリアである。「褐色の聖母」との異名を持つ。また、カトリック教会からも正式に「ブラジルの守護聖人」としてローマ教皇ピオ11世により1930年に公認されている。


熱心に祈りを捧げれば何でも願いをかなえるという面がある一方で、少しでも無礼を働いたり、疑念を抱いたりすると厳しい罰を与えられると信じられている。

外部リンク[編集]