イザヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火で唇を神聖にするイザヤベンジャミン・ウエスト1782, ボブ・ジョーンズ大学蔵)

イザヤヘブライ語: יְשַׁעְיָה‎ (yesh-ah-yaw') 、古代ギリシア語: Ησαϊας (Esaias)、ラテン語: Isaias英語: Isaiah [aɪˈzaɪə, aɪˈzeɪə])は、旧約聖書に登場する預言者

名はヘブライ語で「ヤハウェは救いなり」を意味する。日本語では、ラテン語Isaias(イサイアス)などからギリシャ語主格語尾に由来する ‐s を除いた「イザヤ」で呼ばれる。英語では Isaiah(アイザイア・アイゼイア)。

経歴[編集]

ユダ王国後期の人。ウジヤ王からヒゼキヤ王のころ活動した(イザヤ1:1)。また、歴代誌によれば、イザヤはウジヤの業績の書を書き記したと書かれている(歴代誌下26:22)。

イザヤ書』によればイザヤは結婚していて、その妻は女預言者と呼ばれていた(イザヤ8:3)。息子が2人おり、それぞれに神の啓示により象徴的な名をつけた(イザヤ7:3、8:3)。

イザヤはユダの不正を糾弾し、バビロンへの流刑を警告した(イザヤ39:5–7、43:14)。しかし、イザヤ書バビロンキュロスの手に落ち(イザヤ44:28)、シオンは回復すると予告し(イザヤ40–66章)、メシアに関する預言を告げ(イザヤ7:14、9:7、11:1–5,10、53章など)、将来への希望を伝えた。

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「イザヤ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。