エステル (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エステルラテン文字表記:Esther, Ester)は、旧約聖書にある歴史物語『エステル記』の主人公であるユダヤ人女性。

ユダヤ人モルデカイの養女エステルはペルシア王アハシュエロス(クセルクセス1世、在位紀元前485年 - 紀元前465年)の妃となる。

ある日父モルデカイが大臣ハマンへの敬礼を拒否する事件が起こり、怒ったハマンはモルデカイのみならずユダヤ人全ての殺害を決める。その日はくじ(プル)によってユダヤ暦アダル月13日と決められた。

モルデカイに助けを求められたエステルは、すべてのユダヤ人のため決死の覚悟をし、王に自分がユダヤ人であることを明かし、ハマンの姦計を知らせた。王はこれを受けてハマンを処刑、モルデカイは高官に引き上げられた。ハマンは自分で用意した処刑具で自分が処刑されることになった。

これを記念して、ユダヤ暦アダル月14日と15日はプリム祭という祭日になっている。

だが、エステルという女性が実在したことを示す歴史的資料はまだ発見されていないため、神への信頼を説くために作られた物語であるとの考えもある。

不思議なことにこの書の中には神、主という言葉が全く見られない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]