ミリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神を賛美するミリアム。

ミリアム ( מִרְיָם (Miryam), Miriam) は旧約聖書に登場するモーセとアロンの姉、女預言者マリアという女性名はミリアムのアラム語読みに由来する)。

民を率いてモーセがエジプトを脱出した時、追いかけてきたファラオの軍勢が紅海に飲み込まれた後で、ミリアムは小太鼓を手にとって、神を賛美する歌を歌った[1]

荒野を放浪した民がヘツェロトにいたとき、ミリアムとモーセの兄アロンはモーセがクシュ人の女性を妻にしたことを非難する。モーセは反論しなかった。ミリアム、アロン、モーセは神の臨在の幕屋の前に呼ばれる。雲の柱の形であらわれた神はモーセを非難したアロンとミリアムに対して怒りを表して去っていく。ミリアムは瞬時にして重い皮膚病にかかり、全身が白くなる。アロンとミリアムは自分たちの行いを悔いる。アロンがモーセに許しをもとめたため、ミリアムは神の指図によって1週間宿営から隔離され、元に戻ることができた[2]

ミリアムはツィンの荒野のカデシュの地でなくなったという[3]

脚注[編集]

  1. ^ 出エジプト記』15:20-21
  2. ^ 民数記』12:1-16
  3. ^ 『民数記』20:1