ハンナ (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンナヘブライ語: חנה‎)は、『旧約聖書』の登場人物。エフライム人エルカナの妻でサムエルの母である。名前はヘブライ語で「恵み」という意味である。

長い間子供が生まれなかったために、エルカナのもう一人の妻ペニンナに悪く言われて悩んだ。エルカナ一家は毎年シロの聖所で参拝していたが、ある年ハンナは祈りの中で、もし神が祈りに応えて男子を授けて下さるなら、その子を主に捧げると誓った[1]

祈りが通じてハンナは男子を産み、サムエルと命名された。サムエルが乳離れすると、ハンナはサムエルをシロの聖所に連れて行き、神に捧げ、感謝の歌を歌った[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「第一サムエル記」1章11節
  2. ^ 「第一サムエル記」2章1節

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ハンナ (聖書)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。