アビガイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダビデのもとを訪れるアビガイル。アントニオ・モリナーリ(en)。

アビガイル (Abigail) は、旧約聖書の女性。2人が登場する。アビゲイルとも。名前の意味は「父は喜ぶ」。

ナバルの妻[編集]

サムエル記』、『歴代誌』に登場する。才知に富み美人であった。夫のナバルは大富豪であり、ユダの山地マオンに住んでいた。

当時ダビデはサウルから逃亡しユダ山地の辺りを彷徨っていた。そしてナバルに贈り物を求め、拒絶されて怒ったダビデは400人を従えてナバルを討とうとした。それを知ったアビガイルは、ダビデに詫びて夫に秘密で贈り物を届けた。

ナバルは10日後に死亡し、アビガイルはダビデの妻となり、ダビデにとっての次男であるキルアブを産んだ。

エテルの妻[編集]

イシュマエル人エテルの妻で、ダビデの姉妹で、エッサイの娘で、アマサの母。