シリキウス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリキウス
第38代 ローマ教皇
教皇就任 384年
教皇離任 399年
先代 リベリウス
次代 シリキウス
個人情報
出生 不明
死去 399年11月26日
イタリアの旗 イタリア ローマ

シリキウス(Siricius, ? - 399年11月26日)は、第38代ローマ教皇(在位:384年12月11日 - 399年11月26日)。

382年古代ローマ最高神祇官に、司祭として初めて任じられた(後にローマ皇帝グラティアヌスによって職を解かれた)。384年には、対立教皇ウルシヌスとの選挙に勝って満場一致でローマ教皇に選出された。「教皇」という称号を名乗った初めての人物であり、教皇教令を発した初めての教皇でもあった。最初の教皇教令はヒスパニアタラゴナ司祭に対するものだった。さらに聖職者の非婚に関する2つの教令を出した。

異端の同僚司祭に迫害されたヒスパニアの禁欲的なプリスキリアヌス派の司祭が西ローマ帝国の皇帝マグヌス・マクシムスによって魔術を行った罪で処刑された時、シリキウスはミラノの司教アンブロジウストゥールのマルティヌスを伴って、この判決に異議を唱えた。

シリキウスの祝日は11月26日である。

執筆の途中です この項目「シリキウス (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。