シルウェリウス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルウェリウス
第58代 ローマ教皇
Silverius.jpg
教皇就任 536年6月8日
教皇離任 537年3月
先代 アガペトゥス1世
次代 ウィギリウス
個人情報
本名 シルウェリウス
Silverius
出生 不明
死去 537年6月20日
東ゴート王国、パルマローラ

シルウェリウス(Silverius, ? - 537年6月20日)は、第58代ローマ教皇(在位:536年 - 537年)。

東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世イタリア遠征司令官ベリサリウスローマ東ゴート王国から奪還した際、東ゴート王国に内応していたとして、ポンツァ島に追放され、その地で暗殺された。