エウゲニウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウゲニウス2世
第99代 ローマ教皇
Eugene II.jpg
教皇就任 824年6月
教皇離任 827年8月
先代 パスカリス1世
次代 ウァレンティヌス
個人情報
死去 827年8月

エウゲニウス2世(? - 827年8月)は、第99代ローマ教皇(在位:824年6月 - 827年8月)。

生涯[編集]

出自は不明で、教皇就任前は首席司祭の地位にまで上り詰めている。824年2月11日に先代のパスカリス1世が死去すると、ローマの民衆は暴動を起こした。バスカリス1世は親フランク王国外交を展開していたが、ローマの民衆はフランク王国の支配を快く思っていなかったからである。[要出典]このため、民衆に推戴される形で4ヵ月後の6月に教皇に選出されたのが、このエウゲニウス2世であった。

エウゲニウスはルートヴィヒ1世と親密な関係を保ちながらも、彼が聖像破壊運動を行なおうとした際には強硬に反対した。

827年8月、在位3年2ヶ月で死去した。

参考文献[編集]