インノケンティウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インノケンティウス2世
第164代 ローマ教皇
B Innozenz II.jpg
教皇就任 1130年2月14日
教皇離任 1143年9月24日
先代 ホノリウス2世
次代 ケレスティヌス2世
個人情報
本名 グレゴリオ・パパレスキ
死去 1143年9月24日
原国籍 イタリア

インノケンティウス2世(? - 1143年9月24日)は、第164代ローマ教皇(在位:1130年2月14日 - 1143年9月24日)。

生涯[編集]

出身はローマ。家系は貴族で、助祭枢機卿教皇特使を務めた。1130年に前教皇のホノリウス2世が死去すると、枢機卿の間でインノケンティウス2世とアナクレトゥス2世の両派に分裂して抗争した。インノケンティウス2世は自らを正統な教皇と主張してフランスに赴き、さらに神聖ローマ皇帝ロタール3世に正式な皇帝として戴冠する見返りに援軍を要請して1133年にはローマに進軍した。しかしこのときはアナクレトゥス2世の反撃でピサに退却した。

しかし1138年にアナクレトゥス2世は死去した。そのため、後継者にウィクトル4世が擁立されたが、彼は4ヶ月でその地位を降りた。このため、シチリア王国の王であるルッジェーロ2世の支持を得て正式な教皇となった(見返りとしてシチリア王位を正式に教皇が与えたのはこのときである)[要出典]

しかし、ローマではその後も党派争いが続き、1143年9月24日に教皇が死去するまで不安定な時期が続いたのである。

参考文献[編集]