マルティヌス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルティヌス1世
第74代 ローマ教皇
Pope Martin I.jpg
教皇就任 649年7月5日
教皇離任 653年
先代 テオドルス1世
次代 エウゲニウス1世
個人情報
出生 不明
Flag of Palaeologus Emperor.svg東ローマ帝国ウンブリアトーディ近郊
死去 655年9月16日
Flag of Palaeologus Emperor.svg東ローマ帝国ケルソン
その他のマルティヌス (曖昧さ回避)

マルティヌス1世Martinus I、? - 655年9月16日)は第74代ローマ教皇(在位649年7月5日 - 653年)。

東ローマ帝国皇帝コンスタンス2世両性単意論を支持する勅令(デュポス)を発布した際、ラテラン公会議でこれを異端と決議したため、653年に東ローマ帝国のラヴェンナ総督府によって捕縛された上コンスタンティノープルに連行された。裁判の結果、クリミア半島ケルソンに配流され、その地で没する。

彼の逮捕は、7世紀の半ばになってもコンスタンティノープルの皇帝の権威・権力が西方にも及んでいたことを示す一つの例である。

関連項目[編集]