ヨハネス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネス4世
第72代 ローマ教皇
Murner History Cod Karlsruhe 3117 (crop).jpg
教皇就任 640年12月24日
教皇離任 642年10月12日
先代 セウェリヌス
次代 テオドルス1世
個人情報
出生 不明
ダルマティアサロナか?)
死去 642年10月12日
不明
その他のヨハネス

ヨハネス4世Ioannes IV、? - 642年10月12日)は、第72代ローマ教皇(在位:640年12月24日 - 642年10月12日)。教会慣用名はヨハネ[1]

概要[編集]

ダルマティアの生まれで、おそらくはサロナの町の出身であろうと考えられている。バルカン半島スラヴ人の捕虜となったキリスト教信者を救出し、ラテラン洗礼台の遺骨を祀る堂を造った。641年、はじめてローマで宗教会議(ローマ公会議)をひらいてキリスト単意論をきびしく非難し、東ローマ帝国皇帝ヘラクレイオス異端とした。

脚注[編集]

  1. ^ 小林(1966)

出典[編集]

執筆の途中です この項目「ヨハネス4世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。