クレメンス4世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレメンス4世
第183代 ローマ教皇
Papst Clemens IV.jpg
教皇就任 1265年2月5日
教皇離任 1268年11月29日
先代 ウルバヌス4世
次代 グレゴリウス10世
個人情報
本名 Gui Faucoi
出生 11月23日(生年不詳。1190年-1200年の間)
Blason Languedoc.svg トゥールーズ伯領 サン=ジル
死去 1268年11月29日
教皇領 ヴィテルボ
その他のクレメンス

クレメンス4世(Clemens IV, 生年不詳(1190年-1200年の間)11月23日 - 1268年11月29日)はローマ教皇(在位:1265年 - 1268年)。現在のフランスサン=ジル出身。本名はギ・フコワ(仏:Gui Foucoi, 英:Guy foulques, ガイ・フルク、伊:Guido Fulcodi, グイド・フルコディ)。太っていたのでデブ(le Gros)と渾名された。

最初は俗人で、兵士、弁護士を歴任、フランスルイ9世の秘書も務めた。結婚もしており、2人の娘を儲けた。年代は不明ながら妻の死後に聖職者を目指して1256年ル・ピュイ=アン=ヴレ司教1259年ナルボンヌ大司教1262年には教皇ウルバヌス4世イングランドの教皇使節に任命された。

この時期、イタリアではシチリア王国を治めるホーエンシュタウフェン朝と教皇が対立、ウルバヌス4世もシチリア王マンフレーディとの対決に治世を費やしたが、1264年、避難先のペルージャで死去、年が明けた1265年にコンクラーヴェでイングランドに滞在中のギーが選ばれたが、マンフレーディに捕らわれる事を避ける為、変装してイタリアへ戻った。

マンフレーディへの対抗手段としてルイ9世の弟・シャルル・ダンジューを呼び出し、1266年にシチリア王冠を授けた。シャルルもこれに応じてベネヴェントの戦いでマンフレーディを討ち取り、1268年にイタリアに侵攻したマンフレーディの甥・コッラディーノタリアコッツォの戦いで撃破、捕らえて10月29日に処刑、ホーエンシュタウフェン朝を滅ぼした。クレメンス4世はそれを見届けたかのように、11月29日に死去。

しかし、教皇の地位はこれで安泰になった訳ではなかった。シチリアの支配者がホーエンシュタウフェン朝からシャルルに代わっただけであり、その後の教皇はシャルルの動向に左右されていく事になるのである。

他の事跡としては、中央アジアのイルハン朝第2代ハンアバカと交渉を持った事である。フランスとモンゴルの同盟を持ちかけたが最終的に失敗に終わった。これには、アバカが東ローマ帝国皇帝ミカエル8世の娘マリアと結婚していた事にも影響があるとされる。また、フランシスコ会ロジャー・ベーコンに著作を纏めるよう求め、ベーコンは1267年に『大著作』をクレメンス4世に送った。1268年には『第三著作』も送られたが、同年にクレメンス4世が死去した事により、庇護者を失ったベーコンはフランシスコ会に投獄された。

クレメンス4世の死後、コンクラーヴェが開かれたが3年経過しても決まらず、ようやく1271年にテオバルド・ヴィスコンティが選出(但し、本人はイングランドのエドワード王太子率いる第8回十字軍に従軍して不在)、グレゴリウス10世として即位した。

執筆の途中です この項目「クレメンス4世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。