ベネディクトゥス15世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネディクトゥス15世
第258代ローマ教皇
XV. Benedek.jpg
教皇就任 1914年9月3日
教皇離任 1922年1月22日
先代 ピウス10世
次代 ピウス11世
個人情報
本名 ジャコモ・デッラ・キエーザ
Giacomo Della Chiesa
出生 1854年11月21日
Flag of the Kingdom of Sardinia.svgサルデーニャ王国, ジェノヴァ
死去 1922年1月22日(満67歳没)
Flag of the Vatican City.svgバチカン市国, 教皇宮殿
その他のベネディクトゥス

ベネディクトゥス15世ラテン語:Benedictus PP. XV, ベネディクト15世;1854年11月21日 - 1922年1月22日)はローマ教皇(在位,1914年9月3日 - 1922年1月22日)、カトリック教会司教。本名、ジャコモ・デッラ・キエーザ(Giacomo Della Chiesa)。第一次世界大戦という未曾有の惨劇を乗り越え、世俗国家の仲介者としての新しいカトリック教会のあり方を模索した。

生涯[編集]

1854年11月21日、ジェノヴァの貴族の家に生まれたキエーザはバチカンの外交官としての道を歩み、1875年法学の博士号を取得。彼は当時の大物枢機卿だったマリアノ・ランポッラに抜擢されてローマ教皇庁でのポストを得、ローマ教皇庁国務長官にまでなった。1907年ボローニャ大司教になり、1914年に枢機卿にあげられた。第一次世界大戦が勃発してすぐにピウス10世が亡くなると、キエザは教皇に選ばれ、ベネディクトゥス15世を名乗った。

彼は教皇としてバチカンの不偏中立を宣言し、平和実現のため、仲介者となろうとさまざまな外交努力を行った。19世紀以降の教会と国家の断絶が尾をひいていたため、無視され続けた。戦後になると世俗国家の仲介者としてのバチカンを目指した彼の継続的な努力がようやく実り始めたが、その成果をみることなく1922年冬に世を去った。また、彼は正教会との対話の再開を意図したことでも知られる。

彼が在位中に列聖した聖人は、ジャンヌ・ダルクリジューのテレーズなどがある。

外部リンク[編集]