セルギウス3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルギウス3世
第119代 ローマ教皇
SergiusIII.jpg
教皇就任 904年1月29日
教皇離任 911年4月14日
先代 レオ5世
次代 アナスタシウス3世
個人情報
死去 911年4月14日
原国籍 イタリア
マロツィア
ヨハネス11世

セルギウス3世(? - 911年4月14日)は、第119代ローマ教皇(在位:904年1月29日 - 911年4月14日)。

生涯[編集]

出身はローマ。家系は貴族。セルギウス3世は897年12月ヨハネス9世と教皇位をめぐって争い、一時的に勝利したのだが、周囲の支持がヨハネス9世に回ったために教皇位をあきらめざるをえなくなった。

903年に先代のレオ5世が対立教皇クリストフォルスに廃されると、904年1月にクリストフォルスを追放して新教皇に就任した。就任後はヨハネス9世への報復として彼の教皇位の剥奪を宣言したり、フォルモススを支持した歴代教皇に対しても名誉剥奪を行なったりした。一方で私生活でも当時権勢を誇っていた貴族の娘であるマロツィアと関係を持ち、彼女との間に不義の息子(ヨハネス11世)を成したとまでされている。[要出典]

911年4月14日、在位7年2ヶ月と17日で死去した。

参考文献[編集]