ハドリアヌス3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハドリアヌス3世
第109代 ローマ教皇
Papa Adriano III.jpg
教皇就任 884年5月17日
教皇離任 885年9月
先代 マリヌス1世
次代 ステファヌス6世
個人情報
死去 885年9月
モデナ
原国籍 イタリア

ハドリアヌス3世(? - 885年9月)は、第109代ローマ教皇(在位:884年5月17日 - 885年9月)。

生涯[編集]

出身はローマ。家系などは不明で、先代の教皇であるマリヌス1世が884年5月15日に死去したため、5月17日に教皇に選出された。しかし暴力的行為が目立つ教皇であったとされ、885年9月半ば、在位1年4ヶ月にして死去した。モデナにおいて側近らに暗殺されたといわれている。

参考文献[編集]