レオ7世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ7世
第126代 ローマ教皇
Leone-VII.jpg
教皇就任 936年1月3日
教皇離任 939年7月13日
先代 ヨハネス11世
次代 ステファヌス9世
個人情報
死去 939年7月13日
原国籍 イタリア

レオ7世(? - 939年7月13日)は、第126代ローマ教皇(在位:936年1月3日 - 939年7月13日)。

生涯[編集]

出身はローマベネディクト会修道士司祭枢機卿を歴任した。935年に先代のヨハネス11世が死去したため、936年1月に教皇に選出された。

しレオ7世はアルベリーコ2世マロツィアが最初の夫との間に生まれた息子)の傀儡であり、実権はアルベリーコ2世が握っていた。[要出典]アルベリーコ2世はイタリアの修道院制度の改革、クリュニー修道院長のオドンの招聘などを行なったりしている。939年7月13日、在位3年半ほどで死去した。

参考文献[編集]