ピウス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピウス1世
第10代 ローマ教皇
ピウス1世
教皇就任 142年?
教皇離任 155年?
先代 ヒギヌス
次代 アニケトゥス
個人情報
死去 155年?
その他のピウス

ピウス1世Pius I、? - 155年?)は、ローマ教皇(在位:142年? - 155年?)。伝承によるとアクイレイア出身のイタリア人であり、殉教者とされてきた。カトリック教会正教会聖人。「ピウス」はラテン語で「敬虔な人」の意。カトリック教会では伝統的に初期のローマ教皇の一人と見なしているが、正教会ではローマ主教(司教)であったと見なしている。

2世紀に書かれたムラトリ断片によると、彼は「ヘルマスの牧者」を書いたヘルマスの兄弟であるという。彼について知られていることはほとんどないが、教皇名としてのピウスは以後好んで使われることになる。