アデオダトゥス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アデオダトゥス1世
第68代 ローマ教皇
アデオダトゥス1世
教皇就任 615年11月13日
教皇離任 618年11月8日
先代 ボニファティウス4世
次代 ボニファティウス5世
個人情報
本名 ステフェンの子、デウスデディト
出生 不明
東ローマ帝国ローマ
死去 618年11月8日
東ローマ帝国ローマ
その他のアデオダトゥス

アデオダトゥス1世(Adeodatus I)またはデオダトゥス1世(Deodatus I, ? - 618年11月8日)は、第68代ローマ教皇(在位:615年11月13日 - 618年11月8日)。カトリック教会及び正教会聖人とされる。その名はラテン語のデウスデディト(Deusdedit:神から与えられた)に由来するものである。

執筆の途中です この項目「アデオダトゥス1世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。