アレクサンデル8世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンデル8世
第241代 ローマ教皇
アレクサンデル8世
教皇就任 1689年10月6日
教皇離任 1691年2月1日
先代 インノケンティウス11世
次代 インノケンティウス12世
個人情報
本名 Pietro Vitto Ottoboni
出生 1610年4月22日
ヴェネツィア共和国ヴェネツィア
死去 1691年2月1日
教皇領ローマ
その他のアレクサンデル

アレクサンデル8世(Alexander VIII、1610年4月22日 - 1691年2月1日)はローマ教皇(在位:1689年 - 1691年)。本名はピエトロ・ヴィット・オットボーニ(Pietro Vitto Ottoboni)。

ヴェネツィアの名家の出身で、枢機卿を経て、ブレシア司教となった。フランスルイ14世の大使がインノケンティウス11世の死去後の教皇選挙での彼の選出を後押ししたのである。そのようなフランスとの関係とは別にジャンセニスムに対しては厳しく、1682年にフランスの司教団によって出された「ガリカニスムの四か条」を断罪している。

彼の時代、教皇庁の財政は大規模な慈善活動と親族登用のゆきすぎによって破綻寸前であった。しかし学問への関心が高かった教皇は、当時イタリアで暮らしていたスウェーデンクリスティーナ女王からバチカン図書館のための書籍コレクションを購入している。1691年2月1日に死去。