ステファヌス9世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファヌス9世
第127代 ローマ教皇
Stephen VIII.png
教皇就任 939年7月14日
教皇離任 942年10月
先代 レオ7世
次代 マリヌス2世
個人情報
死去 942年10月
原国籍 イタリア
母はマロツィア

ステファヌス9世Stephanus IX、? - 942年10月)は、第127代ローマ教皇(在位:939年7月14日 - 942年10月)。

生涯[編集]

出身はローマ。先々代の教皇であったヨハネス11世の異父弟で、生母はマロツィアである。939年に先代のレオ7世が死去したため、アルベリーコ2世(ステファヌス9世の兄)によって後継に擁立された。

最初はアルベリーコ2世と共同して修道院改革を行なったが、やがて対立した。このため942年、アルベリーコ2世によって幽閉され、さらに手足を切断されたという。この切断時における傷が原因で、10月下旬に死去した。

参考文献[編集]