コノン (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コノン
第83代 ローマ教皇
Konon.jpg
教皇就任 686年10月21日
教皇離任 687年9月21日
先代 ヨハネス5世
次代 セルギウス1世
個人情報
出生 ?
死去 687年9月21日
ローマ
埋葬地 サン・ピエトロ大聖堂

コノンConon、?-687年9月21日)は、686年10月21日からローマで死去するまでの間在位したローマ教皇である。サン・ピエトロ大聖堂に葬られている。

彼は妥協の候補として提案され、彼の就任に当たってはローマの軍部と聖職者の間で対立があった。

トラキア人の軍人の息子として、彼はシチリアで教育を受け、ローマで聖職者に任じられた。彼の年齢、尊敬すべき外見、気取らない性格から、ローマの聖職者と軍人の間の論争はあったものの、彼が教皇に選ばれた。彼の当選がラヴェンナエクザルフ(総督)に伝えられた後、686年10月21日にローマ教皇に任じられた。

彼はアイルランドの伝道者である聖キリアンらを迎えてキリアンを主教に任じ、また彼らをフランケン地方での教義の伝道者として任命した。彼は東ローマ帝国皇帝ユスティニアノス2世の寵愛を受け、皇帝からActs of the Sixth General Councilの規則を回復し、遵守するつもりであると告げられた。またユスティニアノス2世は、教皇の遺産の一部を帝国の国庫に組み込んで税金を軽減した。

外部リンク[編集]

 この記事にはパブリックドメインの百科事典本文を含む: Herbermann, Charles, ed (1913). Catholic Encyclopedia. Robert Appleton Company.