インノケンティウス7世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インノケンティウス7世
第204代 ローマ教皇
インノケンティウス7世
教皇就任 1404年10月17日
教皇離任 1406年11月6日
先代 ボニファティウス9世
次代 グレゴリウス12世
個人情報
本名 Cosimo de' Migliorati
出生 1336年
Flag of the Kingdom of Naples.svgナポリ王国 スルモーナ
死去 1406年11月6日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg教皇領 ローマ
その他のインノケンティウス

インノケンティウス7世(Innocens VII, 1336年 - 1406年11月6日)は、ローマ教皇(在位:1404年 - 1406年)。15世紀初め、教会大分裂の時期の教皇である(アヴィニョン対立教皇ベネディクトゥス13世)。

アブルッツォ地方スルモーナの出身で、本名はコジモ・デ・ミリョラーティ(Cosimo de' Migliorati)。法律家として有名であった。

コンクラーヴェ(教皇選挙)で選出後、市民の暴動が起きるが、ナポリラディズラーオ1世の軍によって鎮圧される。1405年に再びコロンナ家が反乱を起こし、教皇はヴィテルボに逃れる。反乱鎮圧後、ローマに戻るが、1406年に急死した。

執筆の途中です この項目「インノケンティウス7世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。