ベネディクトゥス5世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベネディクトゥス5世Benedictus V、? - 966年7月4日)は、ローマ教皇(在位:964年)。

ローマ出身。ヨハネス12世の急死ののち、助祭として文法学を教えていたベネディクトゥスがローマ市民によって964年5月に教皇位に選出された。しかしながら神聖ローマ帝国皇帝オットー1世はこの選出を承認せず、1か月後にベネディクトゥス5世を降格させる。同時代の史料ではベネディクトゥス自身がこの降格に同意したとされている。そののちハンブルクへ移送され、ハンブルク・ブレーメン大司教のアダルダーク(Adaldag)の下に置かれ、助祭として966年まで生きた。その遺骸はハンブルクの聖堂に葬られ、のちにローマへと移された。

ベネディクトゥス5世が降格させられた教会会議にてレオ8世は、ベネディクトゥス5世の着けていたパリウムをみずから剥ぎ取り、そして司牧杖を折っている。この記録が教皇の司牧杖についての最初の記述となる。