インノケンティウス11世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インノケンティウス11世
第240代 ローマ教皇
インノケンティウス11世
教皇就任 1676年9月21日
教皇離任 1689年8月12日
先代 クレメンス10世
次代 アレクサンデル8世
個人情報
本名 Benedetto Odescalchi
出生 1611年5月16日
Flag of the Duchy of Milan (1450).svg ミラノ公国コモ
死去 1689年8月12日
教皇領ローマ
その他のインノケンティウス

インノケンティウス11世(Innocentius XI,1611年5月16日 - 1689年8月12日)は、ローマ教皇(在位:1676年 - 1689年)。本名はベネデット・オデスカルキ(Benedetto Odescalchi)。高徳の聖職者として知られ、ローマ教皇庁の綱紀粛正に乗り出す一方でガリカニスム静寂主義弛緩説などに対して論陣を張って争った。

生涯[編集]

イタリア・コモの生まれのオデスカルキはローマナポリで法学を学んだ。教皇庁の書記官、マルコ・ディ・ローマの司教代理、マチェラータの領事などを歴任したのち、1647年枢機卿にあげられた。さらにフェラーラの教皇使節、ノヴァーラの司教とキャリアを重ねた。このような経歴の中でオデスカルキはその飾らない人柄と無欲さ、徳の高さによって高い評価と信頼を得ていった。

1676年9月21日、クレメンス10世の没後の教皇選挙フランス枢機卿団の反対をくつがえしてオデスカルキが教皇に選出された。インノケンティウス11世を名乗った新教皇が意欲的に取り組んだのは教皇庁の改革と高位聖職者の間にはびこる不正の根絶であった。まず教皇庁の財政を健全化するために不要な役職を削減し、聖職者と信徒職員のモラルの向上に努めた。また、エスコバル、フランシスコ・デ・スアレスらの教説と弛緩説に類する意見を弾劾し、これを教えるものには破門すら辞さないことを示した。また、一個人として静寂主義の神学者達とは決して疎遠ではなかったが、検邪聖省の圧力に屈して静寂主義の本家であるモリノスの68のテーゼを誤謬として断罪している。

政治的には、オスマン帝国軍のウィーン包囲に際して、ヨーロッパ諸国の団結を推進し、多くの軍資金を負担したことがオスマン帝国軍撃退につながった(教皇の主導により神聖同盟が結ばれ、大トルコ戦争は教皇の死後の1699年カルロヴィッツ条約が結ばれたことによって勝利の内に帰結した)。教皇は同時にフランス王ルイ14世ともガリカニスムの問題をめぐって長い戦いを強いられることになった。

このため、長く患ったあとに彼が死去するとすぐに列福調査が開始されたが、フランスが反対したことで調査が中断された。20世紀に入ると列福調査がようやく再開され、1956年10月7日に教皇ピウス12世によって福者にあげられた。記念日は8月12日である。