ピウス8世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピウス8世
第253代 ローマ教皇
Pope Pius VIII.PNG
教皇就任 1829年3月31日
教皇離任 1830年11月30日
先代 レオ12世
次代 グレゴリウス16世
個人情報
本名 フランチェスコ・サヴェリオ・カスティリオーニ
Francesco Saverio Castiglioni
出生 1761年11月20日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領チンゴリ
死去 1830年11月30日(満69歳没)
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ教皇宮殿
その他のピウス

ピウス8世Pius VIII1761年11月20日 - 1830年11月30日)は、ローマ教皇(在位1829年3月31日-1830年11月30日)、カトリック教会司祭。本名、フランチェスコ・サヴェリオ・カスティリオーニ(Francesco Saverio Castiglioni)。ナポレオン後の欧州の新体制にカトリック教会がどう順応していくかという方向性を模索しつづけた。

生涯[編集]

1761年イタリアチンゴリで貴族の家に生まれたカスティリオーニの前半生においてヨーロッパはまさにナポレオン時代であった。彼もフラスカーティ司教時代、政治抗争に巻き込まれる形でフランスへ連行されている。1816年にナポレオン後のヨーロッパの新秩序(いわゆるウィーン体制)が構築され、教皇庁と教皇領が復興するとカスティリオーニは枢機卿に任命され、教皇レオ12世の側近となった。レオ12世没後のコンクラーヴェで新教皇に選ばれると、カスティリオーニはピウス8世を名乗った。

彼の教皇在職時代のヨーロッパはナポレオン後の不安定な時期であった。ピウス8世はこの不安定さの原因が秘密結社とプロテスタントの策動にあると考えていたらしく、この両者を厳しく糾弾している。フランスでは七月革命によってルイ・フィリップが即位。ピウス8世はフランスの教会をふたたびフランス政府の手から取り戻したいと考えつつ、ルイ・フィリップをフランス王として承認している。また、この時代、イギリスではカトリック教徒解放令1829年)が出され、ドイツでは異宗婚(宗教が違う者同士の結婚)がはじめて教会によって認められるようになった。近代国家へと変質ししつづける欧州の諸国家にカトリック教会がどう対応していくかが問われていたのである。

ピウス8世が1830年に急の病を得てそのまま逝去するとグレゴリウス16世がそのあとを継いだ。