ウィクトル2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィクトル2世
第153代 ローマ教皇
Vicii bild.jpg
教皇就任 1055年4月13日
教皇離任 1057年7月28日
先代 レオ9世
次代 ステファヌス10世
司教叙階 アイヒシュテット
個人情報
本名 ドルンシュタイン・ゲプハルト
出生 1018年
シュヴァーベン
死去 1057年7月28日
アレツォ
原国籍 ドイツ

ウィクトル2世Victor II1018年? - 1057年7月28日)は、第153代ローマ教皇(在位:1055年4月13日 - 1057年7月28日)。

生涯[編集]

教皇就任まで[編集]

出身はドイツシュヴァーベン。家系は貴族で、神聖ローマ皇帝であるハインリヒ3世の遠縁に当たる。24歳の頃、バイエルンアイヒシュテット司教となった。ここで優れた行政手腕を発揮し、さらに皇帝との縁故もあって神聖ローマ帝国の教会会議で発言力を持つに至った。[独自研究?]

先代教皇であるレオ9世が1054年4月19日に死去すると、ローマの民衆はハインリヒ3世に使節を送り、次期教皇にウィクトルを要請した。しかしハインリヒ3世、ウィクトル共に最初はこれを拒否した。ウィクトルはハインリヒ3世にとって縁戚であり信頼できる部下であったし、ウィクトルも教皇になる野心などなかったからである。[独自研究?]決定は5ヶ月ほど延期され、結局はウィクトルが折れる形で1055年4月13日に教皇に就任した(ハインリヒ3世がローマ教会に影響力を保持しようと考えを転換したためとされる)[要出典]

2年間の教皇[編集]

教皇となったウィクトル2世は、教会の規律を改めるなど改革に着手した。特に重要だったのはノルマン人の侵入である。ウィクトル2世はハインリヒ3世に協力を要請してノルマンと対抗しようとしたが、肝心のハインリヒ3世は1055年11月からドイツ国内での反乱鎮圧に対処することになって助力できず、しかも1056年10月に38歳で死去してしまった。跡を継いだのはわずか7歳の息子であるハインリヒ4世であり、ウィクトル2世は逆にこの幼帝を補佐することになった。だが、ウィクトルはこの幼帝に帝冠を授けることで帝国内での影響力を強め[要出典](さらに帝国内で不穏な動きを見せていたロレーヌ公ゴドフロワやフランドル伯ボードゥアン5世を抑えることに成功した。[要出典]特にイタリアで最大勢力を誇っていたゴドフロワを抑えることができたのは大収穫であり[独自研究?]、ウィクトル2世はこのゴドフロワの弟であるフレデリックモンテ・カッシーノ修道院長兼枢機卿にして、完全に傘下に組み込んだ。

それから6週間後の1057年7月28日、アレッツォにおいて死去した。熱病が原因である。40歳没。ウィクトル2世の死後、側近らは遺体をアイヒシュテット(かつて司教を務めた場所)に埋葬しようとした。しかしラヴェンナの市民らが反発して遺体を奪い、市内にあるサンタ・マリア・ロトゥンダ教会に埋葬した。

参考文献[編集]