ベネディクトゥス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネディクトゥス2世
第81代 ローマ教皇
BenedictII.jpg
教皇就任 684年6月26日
教皇離任 685年5月8日
先代 レオ2世
次代 ヨハネス5世
個人情報
死去 685年5月8日
原国籍 イタリア

ベネディクトゥス2世(? - 685年5月8日)は、第81代ローマ教皇(在位:684年6月26日 - 685年5月8日)。

生涯[編集]

ローマ出身。教皇に即位する前は司祭を務めた。683年に先代のレオ2世が死去したため、跡を継いだ。しかし東ローマ帝国から正式に教皇として承認を得たのは684年6月26日であった。このため、東ローマ皇帝から承認を得るのを簡素化するため交渉し、以後はラヴェンナ総督の承認を得る、すなわち皇帝の代理の承認を得ることになった。

教会改革にも取り組み、諸教会の修復に尽力した。685年5月8日に死去。

謙虚で優しい人柄だったと伝わる。

参考文献[編集]