ステファヌス3世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファヌス3世
第92代ローマ教皇
La donacion de Pipino el Breve al Papa Esteban II.jpg
教皇就任 752年3月26日
教皇離任 757年4月26日
先代 ステファヌス2世
次代 パウルス1世
個人情報
出生 715年
ローマ
死去 757年4月26日
原国籍 イタリア

ステファヌス3世(Stephanus III、715年 - 757年4月26日)は、第92代ローマ教皇(在位752年757年)。

前教皇ステファヌス2世の突然の急死の後、教皇に選出された。

ランゴバルド族によりラヴェンナが奪われ、ローマが侵略されると、ステファヌス3世はフランク王国国王ピピン3世に救援を求めた。ピピンは2度の戦いによりランゴバルド族を破り、奪還したラヴェンナをステファヌス3世に献上した。これがいわゆる「ピピンの寄進」であり、後の教皇領のもとになった。