ベネディクトゥス11世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネディクトゥス11世
第194代 ローマ教皇
ベネディクトゥス11世
教皇就任 1303年10月22日
教皇離任 1304年7月7日
先代 ボニファティウス8世
次代 クレメンス5世
個人情報
本名 Nicholas Boccasini
出生 1240年
Flag of the Holy Roman Empire (1200-1350).svg 神聖ローマ帝国 トレヴィーゾ
死去 1304年7月7日
教皇領 ペルージャ
その他のベネディクトゥス

ベネディクトゥス11世ラテン語:Benedictus XI, ベネティクト11世; 1240年 - 1304年7月7日、在位:1303年 - 1304年)は、14世紀初めのローマ教皇である。トレヴィーゾ出身、本名はニコラス・ボッカシーニ(Nicholas Boccasini)。

ドミニコ会の出身。教皇選出後、8か月で急死し、毒殺されたともいわれる。当時はアナーニ事件アヴィニョン捕囚の間の時期で、フランスと教皇庁の困難な関係の中であった。死後、「福者」に列せられる。