ベネディクトゥス13世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネディクトゥス13世

ベネディクトゥス13世ラテン語:Benedictus XIII, ベネディクト13世,1649年2月2日 - 1730年2月21日)はローマ教皇(在位:1724年 - 1730年)。本名はピエトロ・フランチェスコ・オルシーニ(Pietro Francesco Orsini)。

ローマの名門貴族オルシーニ家の出身(一族から出た最後の教皇)。前教皇インノケンティウス13世の後継者として1724年に選ばれたオルシーニは、初め「13」という縁起の悪い数を嫌ってか、あるいは不名誉な対立教皇と同じ名前を避けたかったのか、ベネディクトゥス14世を名乗ったが、後に混乱を避ける為ベネディクトゥス13世に戻している。教皇庁と高位聖職者団の規律改善につとめ、高位聖職者達の自堕落な暮らしを戒めた。しかし、富くじの廃止、財務責任者に登用したニコロ・コスチア枢機卿が職権乱用を重ねたせいで教皇庁の財政は悪化した。