エウセビウス (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウセビウス (ローマ教皇)

エウセビウス(Eusebius, ? - 310年)は、第31代ローマ教皇(在位:310年)。

在位期間は4月18日から8月17日までと短く、最後は西ローマ帝国皇帝マクセンティウスによって追放された。前任のマルケルス1世と同様に、背教者への厳しい態度から困難な状況に陥った。

エウセビウスは追放先のシチリアで310年に亡くなり、カリクストゥスの墓地に葬られた。その後教皇ダマスス1世が彼の墓に8言の詩をあしらったエピタフを贈った。

記念日は9月26日である。

外部リンク[編集]

この記述には、パブリックドメインの百科事典『Schaff-Herzog Encyclopedia of Religious Knowledge』(1914年)本文を含む。


執筆の途中です この項目「エウセビウス (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。