エピタフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エピタフ:Epitaph、:Épitaphe)とは墓碑銘を意味する語である。語源はギリシャ語で「墓の上に」を意味するエピタピオス(ἐπιτάφιος)から。 死者の生前の功績をたたえて墓石に刻まれ、古来よりの形式をとっている。 優れた詩人は生前に自分のエピタフを詠んでいることもある。

有名なエピタフ[編集]

Good friend, for Jesus' sake forbear,
To dig the dust enclosed here.
Blest be the man that spares these stones,
But cursed be he that moves my bones.

英国の劇作家ウィリアム・シェイクスピアの墓より。

関連項目[編集]