コッラディーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マネッセ写本の挿絵、コンラディン王

コッラディーノ(Corradino, 1252年3月25日 - 1268年10月29日)は、ホーエンシュタウフェン朝シチリア王エルサレム王(在位:1254年 - 1258年)。コンラディン(コンラーディン・コンラート)とも呼ばれる。

父はシチリア王コッラード(神聖ローマ皇帝コンラート4世)、母はバイエルン公ライン宮中伯オットー2世の娘エリーザベト。

概要[編集]

1254年、父が没してシチリア王を継いだが神聖ローマ皇帝位は継承できず、神聖ローマ帝国大空位時代を迎えた。幼少であったため、母方の叔父のバイエルン公兼ライン宮中伯ルートヴィヒ2世に保護された。

1266年、父方の叔父マンフレーディが敗死するとイタリアに侵攻し、シャルル・ダンジューと戦ったが、タリアコッツォの戦い(1268年8月23日)で敗れる。いったん、皇帝派が多勢いるピサに逃亡しようと試みるが、トッレ・アストゥーラにて捕縛され、幽閉された。

その後ナポリに移され、同世代の親族のバーデン辺境伯フリードリヒ1世たち7人と共に死刑執行人ドメニコ・プンツォの手によってマルカート広場で斬首刑にされた。斬首刑が行われた場所には後の1351年にサンタ・クロチェ・アル・マルカート教会イタリア語版が建てられた。

これにより、ホーエンシュタウフェン朝は完全に滅びた。

先代:
コッラード
シチリア王
1254年 - 1258年
次代:
マンフレーディ
執筆の途中です この「コッラディーノ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア