グリエルモ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリエルモ3世

グリエルモ3世Guglielmo III di Sicilia, 1185年 - 1198年)は、シチリア王国の王。在位は1194年2月から12月で、シュヴァーヴェンの征服前の最後のノルマン王朝の王である。

グリエルモ3世は1185年、タンクレーディ1139年 - 1194年)とシビッラ(1153年 - 1205年)の間に生まれた。兄ルッジェーロ3世1175年 - 1194年)は1193年に共同統治王の位に就いていたが、1194年1月にわずか19歳で死亡した。父タンクレーディが55歳で死ぬと、グリエルモ3世は母の摂政の元に9歳で王位を継いだ。

同年、ハインリヒ6世(エンリーコ)は王国征服の準備をして7月に国境を越えた。カンパーニャでは幸運なことに多くの街が戦闘せずに彼の物となった。ナポリさえもすぐに勝者に従い、シチリアを威嚇しつづけた。10月にはハインリヒ6世の軍隊はシチリアに上陸し、メッシーナも報復を恐れて降伏した。

パレルモを12月20日に征服したハインリヒは、グリエルモとシビッラに、降伏するならばレッチェ伯の位を与えるとし、シビッラはあきらめて条件を飲んだ。ハインリヒは12月25日にシチリア王の戴冠を行った。12月28日にシビッラとその息子を陰謀のかどで逮捕し、暫くして彼女の娘たちにも同様にした。

シビッラと娘たちはアルザスで投獄され、ハインリヒの死後1197年に釈放された。グリエルモは、真実に近い説としては、失明させられ去勢されてドイツに追放され、1198年に死ぬまでの13年間幽閉されたという。別の説では、疑わしい話だが1232年まで生き、フリードリヒ2世に発見され処刑されたと言う。

先代:
タンクレーディ
シチリア王
1194
次代:
エンリーココスタンツァ