ルッジェーロ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルッジェーロ2世

ルッジェーロ2世Ruggero II, 1095年12月22日 - 1154年2月26日)は、シチリア伯(在位:1105年 - 1130年)、後にシチリア王(在位:1130年 - 1154年)。オートヴィル朝の祖。シチリア伯ルッジェーロ1世の息子で、兄シモーネを継いでシチリア伯となったが、1130年に初代シチリア王となった。

1127年に一族のプーリア公グリエルモ2世 (enが没すると、ルッジェーロ2世はその相続を主張し、ナポリ、シチリアを支配した。1130年9月対立教皇アナクレトゥス2世から、シチリア王位を授けられた。しかし、ローマ教皇インノケンティウス2世を支持する神聖ローマ皇帝ロタール3世イングランドフランス東ローマ帝国の支持を取り付け侵攻してきたため、その後10年間にわたりこれと戦うことになった。

1137年までは形勢不利で、プッリャ等各地を失ったが、ロタール3世がドイツに戻った後に巻き返し、1139年までには大部分を奪還した。アナクレトゥス2世の死後、インノケンティウス2世と和解し、1144年にシチリア、ナポリ王位を認められた。シチリア王国イタリア人ギリシア人アラブ人ノルマン人ユダヤ人等が民族的、宗教的寛容により融和した多民族国家であり、地中海の支配権を握って、ヨーロッパの強国の1つとなった。1147年第2回十字軍の際にはギリシアの支配を狙ったが果たせず、1154年に死亡した。死後、王位は息子のグリエルモ1世が継いだ。

オートヴィル朝の諸王は進んで東方の文化を取り入れたが、初代シチリア王たるルッジェーロ2世も例外ではない。彼はアル・イドリーシーに命じて世界地図タブラ・ロジェリアナ)を作らせるなどした。また、アル・イドリーシーはルッジェーロ2世の晩年期にこの地図の解説として「ルッジェーロの書」と呼ばれる地理学書を執筆したが、アラビア語で書かれていたため、もっぱらイスラム教圏で広まった。

子女[編集]

1117年カスティーリャアルフォンソ6世の娘エルビラと結婚。

  1. ルッジェーロ3世(1118年 - 1149年) - プッリャ公、タンクレーディの父。
  2. タンクレーディ(1119年 - 1138年) - バーリターラント領主
  3. アルフォンス(1120年/1121年 - 1144年) - カプアナポリ
  4. グリエルモ1世(1121年 - 1166年)
  5. エンリーコ(1131年 - 1166年)
  6. アデラシア(1135年)

1149年ブルゴーニュユーグ2世の娘シビラと再婚。

  1. エンリーコ(1149年)
  2. 子(1150年)

1151年、レーテル伯の娘ベアトリチェと再々婚。

  1. コスタンツァ(1154年 - 1198年) - 神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世と結婚。
先代:
シモーネ
シチリア伯
1105年 - 1130年
次代:
王国に昇格
先代:
新設
シチリア王
1130年 - 1154年
次代:
グリエルモ1世
執筆の途中です この「ルッジェーロ2世」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア